ロマンの木曜日 2012年11月15日
 

ロンドンとパリで古い運河に興奮した

花の都、パリ(の地下)
花の都、パリ(の地下)
ロンドンといえばテムズ川。パリといえばセーヌ川。
どちらも街の顔として大きな川が東西に流れる都市で、川のクルーズは定番コースとして観光ツアーに組み込まれることが多い。
そんな川の街の小さな運河では、いまも現役で運河周りの古い設備が動き続けていた。しかも、古さのレベルが東京とは違っていた。なんたって、産業革命の時代から歴史があるのだ。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

手動式ロックゲートが現役のGrand Union Canal

今年9月、このエスカレーターを見るためにロンドンに行った私は、到着翌日に無事目的を達成したあと、ロンドンでの優雅な休暇を満喫するつもりだった。
この構造物を見るまでは。
それがこれだ。なんだこれ。ちっちゃいダムか何かか。
それがこれだ。なんだこれ。ちっちゃいダムか何かか。
と思ってたら船がでてきた。
と思ってたら船がでてきた。
船が出終わると
船が出終わると
なにやら操作を始めるおっちゃん。
なにやら操作を始めるおっちゃん。
うわー、これ手動式のロックゲートじゃないですか!しかも扉は木製!
うわー、これ手動式のロックゲートじゃないですか!しかも扉は木製!
反対側はこのとおり。すごい水位差を古い観音開きの門が支えてる!いや、支えてない、だいぶ漏れているけれども…!
反対側はこのとおり。すごい水位差を古い観音開きの門が支えてる!いや、支えてない、だいぶ漏れているけれども…!
やってきたのは、手持ちのガイドブックに「地元っ子たちの定番お散歩コース」として紹介されていた、ロンドン北部のGrand Union Canalの遊歩道だ。
この日はあいにくの雨で、東京なら「危険!雨の日は通行禁止!」となりそうな道だったが、地元っ子は意に介さずストイックにサイクリングやランニングに励んでいる。
この日はあいにくの雨で、東京なら「危険!雨の日は通行禁止!」となりそうな道だったが、地元っ子は意に介さずストイックにサイクリングやランニングに励んでいる。
川沿いにはさっき出て行ったのと同じ形の船がたくさんとまっており、晴れた日には、船の上で本屋さんなども開かれるようだ。かっこいい。
川沿いにはさっき出て行ったのと同じ形の船がたくさんとまっており、晴れた日には、船の上で本屋さんなども開かれるようだ。かっこいい。

大きな地図で見る
地図でいうとここだ。「Lock7」と載っているのが、問題のそれである。
ロックゲート、日本語でいうと閘門(こうもん)は、水位差のある川を船が進むために、二重の門の間で水位を調整するものだ。東京だと、我らが江東区(区民です)の低い地盤にある住宅を守るため、扇橋閘門と荒川閘門で水位をコントロールしている(こちらの記事にくわしい)。

テムズ川から丘へと向かうこの運河では、自然の地形に沿うとかなりの急流になってしまうため、こうやってところどころにロックゲートを設けて水位を調整しながら船が行き来するんだそうだ。
ちょうどまた船がやってきたので、勝手に見学させてもらうことにした。
片方だけしか開けずにあえてギリギリで通ってくるところに、自転車の片手運転がかっこいい的な憧れを感じる。
片方だけしか開けずにあえてギリギリで通ってくるところに、自転車の片手運転がかっこいい的な憧れを感じる。
はしごをつかって
はしごをつかって
あいている門の側にのぼり
あいている門の側にのぼり
そのまま扉を手で閉める。ごごごごご。
そのまま扉を手で閉める。ごごごごご。
そして反対側の門のハンドルをぐるぐるまわすと…どどどどどっと音がして水が流れこみ、門内に水をためていく
そして反対側の門のハンドルをぐるぐるまわすと…どどどどどっと音がして水が流れこみ、門内に水をためていく
水がたまったら門を開ける。
水がたまったら門を開ける。
また片方だけ開けて
また片方だけ開けて
行ってしまった。
行ってしまった。
超クール!THE「手慣れてる」って感じ!
このGrand Union Canal、元々は産業革命の街ロンドンで、石炭輸送の大動脈としてつかわれていたもので、その長さはなんと220km、ロックゲートの数は166におよぶらしい(Wikipediaより)。その後、船運は衰退したが、戦後になってから、この運河を利用してときには何泊も寝泊まりしながら旅をするのが、新しいレジャーとして定着したのだそうだ。
そんなわけで、この手動ロックゲートは、おそらく産業革命の時代から、そのままずっと大事に使われているというわけだ。
上から眺めると、小規模な施設ながら、右と左でけっこうすごい水位差に興奮する。
上から眺めると、小規模な施設ながら、右と左でけっこうすごい水位差に興奮する。
ロックゲートのかっこよさは、2つの門の間で増えたり減ったりものすごい水量が動くところにあるのだが、こんな一歩踏み出せばすぐにでも落ちられる場所でそれを見学できるのがすごい。さらに地元っ子はこの門自体の上をひょいひょいと渡っていたが、私が真似すると確実に落ちて死ぬパターンなので我慢する。
ちなみに先ほど水門を操作していたのは女性だ。
すごい水圧に負けずに門を動かすために、なにか仕掛けでもあるのかとおもったら、足をひっかけやすいように石のでっぱりがつけられていた。
って、そういうことじゃなくて、なんか重りとか、歯車とか…ない、ないのね。完全に手動なのね…!
って、そういうことじゃなくて、なんか重りとか、歯車とか…ない、ないのね。完全に手動なのね…!
地味だ。とても地味だが、そのことが余計に、生活の中で脈々と受け継がれてきた歴史を感じさせて、ちょっとくらくらする。だって200年だ。近所の公園の水飲み場が、じつは江戸時代から200年使われている井戸です、みたいな衝撃だ。いや、そのたとえもやっぱり地味か。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓