ひらめきの月曜日 2012年11月19日
 

起きろ!ゲシュタルト崩壊

早い人はもう崩壊してるかも
早い人はもう崩壊してるかも
「ゲシュタルト崩壊」という現象がある。辞書には「全体性が失われ、各部分に切り離された状態で認識されるようになる現象」と説明がある。(参照)

身近な例だと、漢字をじっと見つめていたり、何度も書いたりしている時に「あれ、この字ってこんなだったっけ?」となるあれだ。不思議な感覚に襲われる。

現象名は聞いたことがあるし、経験した記憶もあるが、そう言えば個人的には久しく崩壊してない。あの感覚を改めて味わうべく、いろいろ試してみた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

崩れろまとまり

ゲシュタルト崩壊の初体験の記憶は、小学生の頃までさかのぼる。漢字を繰り返し書く宿題をしていたとき、「ん?この漢字ってこれでいいんだっけ?」と感じる瞬間が不意にやってきたのだ。
懐かしい漢字練習帳
懐かしい漢字練習帳
表紙の裏を何度も読んだ子供の頃
表紙の裏を何度も読んだ子供の頃
正しく書いているはずなのに、急に不安な感覚がやってくるあの瞬間。ゲシュタルト崩壊なんて言葉は当然知らなかったから「なんだ…この感じ……」と、ただ不思議に思うだけだった。

あの頃を思い出して、漢字練習帳を久しぶりに買ってきた。表紙のデザインやコラムが昔と変わらないのが懐かしい。
納豆誕生の豆知識は大人にとっても「へぇ」度が高い
納豆誕生の豆知識は大人にとっても「へぇ」度が高い
大人になってからは手で文字を書く機会がぐっと減ったからだろうか、もうずっと崩壊していない。あの不思議な味わいを改めて見つめ直してみたい。
新しいノートのときめき
新しいノートのときめき
返りたくないタイプの童心
返りたくないタイプの童心
きれいな1ページ目を開いておろすのは、子供の頃と同じように新鮮な気持ちになったが、いざ書き始めるとまた別の気持ちがよみがえる。そうだ、自分は同じ字を繰り返し書いて練習するのが好きじゃないタイプだったんだ。
キーボードを押し続けたような感覚
キーボードを押し続けたような感覚
まずは1ページ埋めた
まずは1ページ埋めた
面倒な宿題をやってる気持ちで書いていく。「あああああ…」と書いたのを見て思い浮かんだのは、ぼんやりしてキーボードを押しっぱなしにしたときの画面。まとまった手書きをする機会は減ったとは言え、ここまでキーボード打ちの習慣が浸食していたとは。縦書きなのにそう思うのも意外だ。

とりあえずは1ページ分、150字書いてみた。「来るかな、来るかな」と、崩壊の予感が心の中で高まるのだが、あのおかしくなる感じには至らない。
さらに2ページ分追加
さらに2ページ分追加
崩壊しません
崩壊しません
続けて300字、合計で450字まで筆を走らせたが、それでも崩壊タイムはやってこない。おかしい。

やってきたのは「1、2、さーん」というリズムの繰り返し。書きながら「これって、『一』を書いたあと『め』って書いてる?」という感じは訪れたが、だからと言って「あ」が「あ」でなくなってる気はしない。

同じことを淡々と続ける自分が機械になったような気分にはなったが、それは崩壊とは別の感覚だ。
文字を変えてみる
文字を変えてみる
「い」に見えてますか?
「い」に見えてますか?
「あ」に見切りをつけ、次のひらがなである「い」に変えてみた。文字の構成がかなり違うこともあって、崩壊が期待できるのではないか。

シンプルな字だけあって、そのうち点を2つ書いてるだけのような感じに襲われる。書いてるのが文字ではなく、単にこういう作業をしているような気にもなるが、一瞬そう思ったあと、やっぱり「い」だなと引き戻される。やはり崩壊しないのだ。
ゲシュタルト崩壊界のエース登場
ゲシュタルト崩壊界のエース登場
調べてみると、文字の中にはゲシュタルト崩壊が起きやすいと言われているものがあるらしい。例えばそれは「借」。この漢字に切り替えれば、崩壊の瞬間は訪れるのではないか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓