チャレンジの日曜日 2012年11月18日
 

植栽文字コレクション`12

人は斜面に字を植えずにはいられない。
人は斜面に字を植えずにはいられない。
施設の入り口や公園等で芝の斜面に横たわる緑の巨大文字。
ほっこりして優しくて、それでいで強くて、なにしろでかい。

時おり見かけても特に話題にのぼることはないが、なんとなく心のどこかに引っかかっている情景なのではないだろうか。

よく注視してみると、タイポグラフィーとしてのプロポーションもさることながら、そこから発信されているやたら局地的な情報も味わい深く、見るものの心をつかんで離さない。あまりにも離さないので集めてみた。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「スベスベカニマンジュウなら毒は無い」
人気記事:「スベスベカニマンジュウなら毒は無い」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

ユニバーシティで植栽文字

約1ヶ月前、スベスベマンジュウガニを探す道程で迷いこんだ横浜国立大学の入り口斜面に描かれたYNU。
「うわー道まちがえたわー」と慌てる私を諭すように青々と萌え、「あんたここ横国大(YNU)ですよ」と一目ではわからないメッセージを発していた。
まさかの(前回と)同じ写真はじまり。
まさかの(前回と)同じ写真はじまり。
ツツジかキンメツゲの一種だろうか?
カチッと刈り込みいい感じの3Dに仕立てている。
いいねえ、刈ってるねえ。
この唐突な出会いがある記憶を呼び覚ました。

「あんなの実家の近くにあったわ」

神奈川県厚木市の奥地「まつかげ台」
山を削って作られた全体的に斜めっている住宅地の中に
不気味な静けさで地獄の入り口のように広大なくぼみが存在している。
フェンスで囲まれ、立ち入りは不可。
フェンスで囲まれ、立ち入りは不可。
調整池というものらしいが、いったい何のために存在しているスペースなのか皆目わからず、幼い頃は仲間うちで「ここでゴリラが飼われている」というニュータウン伝説がまことしやかにささやかれたものだった。

このゴリラゾーン(いま命名)上部の斜面に巨大な植栽文字が横たわっている。
写真じゃわかりにくいがそうとうでかいです。
写真じゃわかりにくいがそうとうでかいです。
「まつかげ」

一番左は厚木市の市章だ。

ここで育った私が言うのだから間違いないが、ここにはこれといった観光資源はない。
坂道に家が立ち並び、小さな商店街がある、いかにもベッドタウンといった住宅地である。

こんな局地的な情報が草木を使ってやたらでかい文字になっているのが不思議だ。
冬になるとコントラストくっきり。
冬になるとコントラストくっきり。
こちらは昨年の冬に撮影。いつ来てもきちんとメンテナンスされている。

厚木市役所にメールで問い合わせたところ、この地域で作られた「まつかげみどり育成会」が昭和62年の設立時にサツキツツジを文字の形に植樹したもので、年2回ほど、草刈りなどを行っているとの事。
長きにわたって故郷のランドマークを保全している不断の努力にはただ頭が下がるばかりである。
ついでですが、すぐ横の階段もいい階段です。
ついでですが、すぐ横の階段もいい階段です。
書体は角刈り体。カチッと刈ってある。気持ちいい。
アクリル版を切り出したようにエッジがきいた「か」
アクリル版を切り出したようにエッジがきいた「か」
床屋にいったらこの写真を見せて「こんな感じで角刈りしてください」と注文したいものだ。

丸刈り体はかわいい。

実家の近辺にもうひとつスポットがある。鳶尾山のふもとのなだらかな斜面を利用して作られた地形豊かな(ライター大山さん評)団地、鳶尾(とびお)団地である。
)団地ドーン。商店街の2階に「理容ハンサム」
団地ドーン。商店街の2階に「理容ハンサム」
私はこの団地の住人ではなかったが、幼少の頃、この「ハンサム」で散髪をしていた。
子供心に「ハンサム」という店に入るのは恥ずかしかったのを覚えている。

バスのターミナルから団地の真ん中を通る車道を見ると、その先にそれはある。
目立つなしかし。
目立つなしかし。
とびお。さすがに漢字(鳶尾)はむずかしいか。
とびお。さすがに漢字(鳶尾)はむずかしいか。
さきほどの角刈りと対極をなす、丸刈り体。樹木本来の形をよりいかした曲線的な丸タイポである。
「び」がかわいい。
「び」がかわいい。
「まつかげ」と違って間近で鑑賞する事も可能。
ベストビューは車道の上を渡して団地の街区を結ぶ歩道橋の上だろう。
まるみとかわいさをじっくり可能。
まるみとかわいさをじっくり可能。

デストロイ状態もまた味わい深い

相模湖駅出口。昨年撮影した写真の背景に明らかに意図的に配置された樹木が見える。これは間違いなく植栽文字。
かっこいいゲートのむこうがわ
かっこいいゲートのむこうがわ
早速現地に向かってみると...
もっさー 野原に同化しかけている。
もっさー 野原に同化しかけている。
ネットで調べると「かんげい さがみこ」と書いてあるらしい。
「さ」がわかりやすいかな。
「さ」がわかりやすいかな。
現状こそデストロイ度が高いが、これからの季節、周りの草が枯れたり刈られたりしてまた力強く復活してゆくのだろう。

まあ、こういうのは「前あったんだけどなー」とか「WEBで調べた時はあったんだけどなー」みたいなきっかけが必要で、ナチュラルに見つけようとすると斜面の樹木を見るたびに疑心暗鬼におちいり、なんか病的になってしまうおそれがあるので注意が必要だ。
これ「い」じゃないか? 
これ「い」じゃないか? 
「・(ナカグロ)だ!」(ちがいすぎ)
「・(ナカグロ)だ!」(ちがいすぎ)
こんな調子でどしどし集める。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓