ひらめきの月曜日 2012年11月19日
 

深海からサメとイカが上がってきた

深海から上がってきましてん。
深海から上がってきましてん。
このところ立て続けに2件、深海から上がってきた生き物が捕まって水族館に展示された。

サメとイカである。

別々の水族館に同じタイミングで、だ。どうしてそんな次々と海の底から上がってくるのか。

どちらも見に行ってきたのでレポートしたい。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

まずは八景島シーパラダイス

こちらの水族館に深海ザメが展示されていると聞いてやってきた。

地元の猟師さんが網に変な魚がかかったから、と水族館にもちこんだのだとか。しかし深海ザメはこれまでに飼育の例がないため、展示はするもののおそらく短期の展示となってしまうだろう、とのこと。
水族館の公式ツイッターには「早く見に来てください!」と書かれていた。
水族館の公式ツイッターには「早く見に来てください!」と書かれていた。
だから急いでやってきた。
だから急いでやってきた。
深海サメが捕まったのが10日である。僕が見に行ったのが13日。

「おそらく数日の展示になります」と書かれていたのが正しければ、もうきっとギリギリである。
正式名称「ミツクリザメ」。ポスター貼ってあるってことはまだ展示中なのだろう。間に合った!
正式名称「ミツクリザメ」。ポスター貼ってあるってことはまだ展示中なのだろう。間に合った!
こういう素敵な水槽もありますが、今日はパスしてもっと暗いゾーンへ急ぐ。
こういう素敵な水槽もありますが、今日はパスしてもっと暗いゾーンへ急ぐ。
八景島の水族館は、入るとすぐにジンベイザメの水槽があって大人気だった。

せっかくなのでいろいろ見たいのはやまやまだけれど、なにしろ深海ザメは一刻を争う。ここは他の展示をすべて無視して深海ゾーンへと急いだ。
ひときわ暗い深海ゾーン。
ひときわ暗い深海ゾーン。
すごい人だかりである。

深海ゾーンは展示水槽自体が狭いので押し寄せる人の多さが際立つ。きっとこんなに人が来ることを想定していないのだろう。薄暗くちょっと湿度の高い空間はざわざわとした熱気に包まれていた。

それもこれもみんな深海ザメが見たいからである。
緊急展示!
緊急展示!
それではさっそくだが貴重な深海ザメの姿をご覧いただこう。
深海!
深海!
サメ!
サメ!
しっぽ?
しっぽ?
そう、しっぽのみなのである。
降りてこないんだもん。
降りてこないんだもん。
深海サメは水槽の上端、つまり水面に鼻先を出す形でゆらゆらと浮かんでいた。水槽の外からだと尻尾の一部しか見えない。これはじらす。

だってサメの展示と聞くと普通こういうの想像するじゃないか。
そうそう、こういうのこういうの。
そうそう、こういうのこういうの。
それをこうやって見るじゃん、普通。
それをこうやって見るじゃん、普通。
しかし深海ザメの場合、こうだ。
じーん。
じーん。
あと特徴的だったのが、みんな短期の展示と知っているからか、かわす言葉が重いのだ。

「あら、もう浮かんじゃってるのね」

「こりゃあれだな、ギリギリだな」

「今日来ておいてよかったわね」
「もう次会えるとは限らんからな」
「もう次会えるとは限らんからな」
なんというか、お見舞いみたいなのだ。

中にはガラス越しに尻尾をさすって帰っていったおばちゃんもいた。水族館でこういうしみじみとした展示も珍しい。

これはこれで貴重ではあるが、やはり顔が見たいだろう。20分くらい水槽の前で粘ってみた。

すると
動き出した!
動き出した!
深海ザメは鼻先を水面に出したまま、ゆらゆらと移動し始めた。もしかしたら水槽の上で飼育員さんが動かしているんじゃないかと思ったが、そうではなく自分の意思である。
おお、動けるじゃないか。
おお、動けるじゃないか。
その動きには静かな中にもしっかりとした生命力を感じた。どういう理由かはわからないが、わざわざ深海から上がってきたからこうして展示されているわけで。少ない動きからも何か読み取れるものがないかと、必死で見た。

サメはその後水槽をぐるりと一周して、我々に一通りその顔を見せた後、また水面に浮かんでいって止まった。
ミツクリザメ、そのご尊顔。
ミツクリザメ、そのご尊顔。
このあとこのサメ氏はやはり死んでしまうことになる(写真を撮りに行った日のの2日後のことです)。とても悲しい。

見に行かなければこんな気持ちにもならずにすんだわけだけれど、それでもやっぱり見に行ってよかったと思う。あの日、一生懸命水槽の中を回ってくれた姿を今でも思い出す。
お土産のサメぬいぐるみコーナーにも登場する前の出来事でした。
お土産のサメぬいぐるみコーナーにも登場する前の出来事でした。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓