フェティッシュの火曜日 2012年11月20日
 

沼の妖怪「カムルチー」をつかみ捕れ!

かっこいい!
かっこいい!
沼やクリークに潜む「カムルチー」なる魚がおいしいと20年近く前に祖父に聞いた。
ずっと食べてみたいと思っていたが、スーパーで気軽に買えるような魚ではないのでその機会には恵まれずにいた。
このままでは口にしないまま一生を終えてしまいそうだ。思い切って自分で捕まえて食べることにした。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

捕獲方法:手づかみ

カムルチー。その名の響きからも察しが付くように元々日本にいた魚ではない。
中国大陸から持ち込まれた全長1メートル近くに成長する大型の肉食外来魚である。
近年はその数を減らしつつあるものの、未だに各地の湖沼や河川で繁殖し、日本に昔から棲んでいる小魚や小動物を食べてしまっているそうだ。
カムルチーが棲む沼
カムルチーが棲む沼
今回カムルチーを捕まえる沼にはタナゴやフナなど、在来の小魚が多く生息している。
しかし近年、カムルチーやブラックバス、さらにはブルーギルといった外来種が放流されてしまい日本古来の生態系が乱れ始めているという。
水面に乱立しているのは枯れたハスの葉。
水面に乱立しているのは枯れたハスの葉。
最近では積極的に駆除が進められているがなかなか功を奏してはいないようだ。
駆除を手伝う、などと偉そうなことを言うつもりは一切ないが、今日は僕も一匹連れて帰らせてもらうことにする。
網も釣竿も持たない。最も原始的かつ野生味あふれるな漁法、「手づかみ」で挑む。
網も釣竿も持たない。最も原始的かつ野生味あふれるな漁法、「手づかみ」で挑む。
ところで、カムルチーの捕獲方法としては釣りが一般的である。熱心な愛好家も存在するほどである。
しかしこの取材を行ったのは11月も半ばを過ぎた頃。寒さに強くないカムルチーたちはもはや半分冬眠しているような状態で、ほとんど餌を食べようとしない。
よって釣りで捕まえることはできない。

ならば寒さに凍えてじっとしているところを網で掬うという方法も考えられるが、これも却下。なぜなら僕はカムルチーのような大きな魚を掬える網を持っていないからだ。
じゃあもうワイルドに手づかみでいいか。だってその方が楽しそうだし。

なかなか見つからない

魚を驚かさないよう出来るだけそっと入水。
魚を驚かさないよう出来るだけそっと入水。
胴長を履いて静かに明け方の沼へと入り、カムルチーの姿を探す。
水面、というより水底に目を凝らす。
水面、というより水底に目を凝らす。
この沼は基本的に浅いのだが、ところどころ落とし穴のように深くなっている。この時期、カムルチーはそういう深場に潜っていると思われる。
しかし、せいぜい股下程度の深さでなければ魚影を見つけることは難しいし、見つけたとしても手が出せない。
思い切って水草の繁茂する岸辺のみに狙いを絞ることにした。
沼の中で藪こぎすることになるとは…。
沼の中で藪こぎすることになるとは…。
見つからない!
見つからない!
しかしなかなか姿を見せてくれないカムルチー。
二度ほど大きな魚影を見つけてドキリとしたが、いずれも大きなコイであった。
やはりカムルチーは深場にしかいないのか?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓