デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日 2012年11月20日
 

リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます

ダンボールでできたリカちゃん人形をこどもに与える
ダンボールでできたリカちゃん人形をこどもに与える
おもちゃなんて買いたくない。

おもちゃをねだる2才の娘に「それはいいね、じゃあ作ってあげよう」とぼくはダンボールでニセモノを作ってあげている。

だがいつのまにかダンボールは飽きられ、また既製品をねだるようになった。

まずい。ここらでひとつすごいの作って見直させたい。そう思ってダンボールでリカちゃん人形を作ることにした。
大北栄人 大北栄人(おおきたしげと)
1980年大阪出身。動画コーナーのプープーテレビでは管理人も。コナンが好きなわけではありません。フリーでやってます。
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto)

今までのダンボールおもちゃ

リカちゃんに入るまえに、今まで作ってきたダンボールおもちゃを見てもらおう。

最初はなんてことなかった。メガネがほしいと言われて、ダンボールを切ってやったのだ。
はじまりはダンボール製メガネだった
はじまりはダンボール製メガネだった

意外とよろこんだ

メガネは意外と気に入って、その日一日かけていた。みすぼらしいが温かみだということにして親もニコニコしていた。そして次はベビーカー。

ポポちゃんという赤ちゃんの人形がいるのだが、彼女をのせるベビーカーのおもちゃがほしいと言い出した。

はじめてのおねだりだ、大きくなったなあ。親心に火がついた。さっそくダンボールで作ることにした。
ダンボールを切ってガムテープで留める技法が生まれる
ダンボールを切ってガムテープで留める技法が生まれる

これも意外とよろこんだ

タイヤが回転しないにもかかわらず、娘はこれも気に入ってよくあそんでいた。

ここで娘のおもちゃ欲にいよいよ火がついてきた。ベネッセから送られてくる広告にレジのおもちゃが載っていたのだ。

ならばこちらもと親心に油をそそぎ、ダンボール工作のクオリティを高めた。
折り紙を貼るという技法が生まれる
折り紙を貼るという技法が生まれる

クオリティが上がってきた

折り紙を貼るという技法がうまくいって、見栄えもよくなった。お知り合いから「うちの子にも作ってほしい」と言われてぼくはますますつけ上がった。

つづいて娘はロボットがほしいと言い出した。はいはい、これね。
つまようじを関節にする技法が生まれる
つまようじを関節にする技法が生まれる

そろそろバレてきた

娘はロボットを見てもピンとこなかったようで、ロボットをねんねで寝かしつけたあとはどこかへ行ってしまった。思ったのとちがったようだ。

そしてつい最近ショックなできごとがあった。

ベネッセから送られてくる広告にペーパークラフトのレジがついてきて、娘はダンボールのレジをよそにそれであそぶようになったのだ。
風呂あがりでも夢中になってあそぶ
風呂あがりでも夢中になってあそぶ

リカちゃん人形を作る

「これ小さいからさ、お父さんの作ったレジの方がいいよね」「ううん、これがいいんだよ。お父さん、おしごとしてよ」

お父さん、ショック。ダンボール製手作りレジはきちんとデザインされた紙のレジにあっさり負けた。

こうなったら本気で勝つ。

こどもから圧倒的な人気をえられるものをダンボールで作る。人気のおもちゃ……男親の勝手なイメージだが女の子のおもちゃといえばリカちゃん人形だ。
本物買ってきてる時点で矛盾に打ちひしがれている
本物買ってきてる時点で矛盾に打ちひしがれている

リカちゃん人形をダンボールでコピーする

ダンボールで作ろうにもぼくは元のリカちゃん人形を知らない。そこで家電量販店でリカちゃん人形を買ってきた

おもちゃを買うのがイヤではじめたダンボール工作なのに結局本物を買ってることに激しい矛盾を感じた。

しかし四の五の言ってられない。これで紙のレジに勝つのだ。こどもが寝静まったあと、ダンボールでコピーしていく。
足の長さはこれくらい、とコピーに徹する
足の長さはこれくらい、とコピーに徹する


 つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation