はっけんの水曜日 2012年11月21日
 

港町で錆びに萌え萌え

この写真を見て、なんか良いなぁと思った人は最後まで読んでください。
この写真を見て、なんか良いなぁと思った人は最後まで読んでください。
僕の実家は千葉県の鴨川市にあり、目の前がすぐ海である。当たり前のことだが海の近くでは金属が錆びやすい。今までそれほど意識していなかったが、よくよく見てみれば町にある金属の多くが錆びすぎなのだ。

今回は、そんな港町で錆びに萌えたいと思います。面白い記事にしろよって?はい、かしこまりー。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。

前の記事:「絶対おすすめしたいチェーン店グルメ特集」
人気記事:「乾物を酒に漬けて焼くとヤバイ」

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

実家の車が錆びていた

まず、実家の車である。そもそもボロい車なのだが、それにしても錆びている。ざっと見たら、タイヤの辺りとかサイドミラーの辺りが錆びていた。流石、海まで100mの実家である。容赦ない錆びっぷりだ。
この辺はタイヤに飛ばされた小石などで傷が付いて錆びやすいのだろう。
この辺はタイヤに飛ばされた小石などで傷が付いて錆びやすいのだろう。
塗装の下が錆びている。ゴリゴリと剥がしたいが、きっと母に怒られるのでやめといた。36歳になって母に叱られるというのは避けたい。
塗装の下が錆びている。ゴリゴリと剥がしたいが、きっと母に怒られるのでやめといた。36歳になって母に叱られるというのは避けたい。

駅前から錆びている

そもそも、町で一番栄えているはずの駅前からして錆びだらけだ。外房線の安房小湊駅という駅なのだが、駅前のポストがいきなり錆びまくりだ。
そうか、ポストは赤いから錆が目立たないんだな。でも下のコンクリに錆が落ちている。
そうか、ポストは赤いから錆が目立たないんだな。でも下のコンクリに錆が落ちている。
角に錆が浮いている。これもゴリゴリ剥がして錆を落としてみたいが、郵便局員に叱られそうなのでやめておく。この歳で大人に叱られるのは避けたい。
角に錆が浮いている。これもゴリゴリ剥がして錆を落としてみたいが、郵便局員に叱られそうなのでやめておく。この歳で大人に叱られるのは避けたい。
駅前の広場には数台の自転車が駐められていた。都会の場合は速攻で係員に注意されたり速攻でどこかに撤去されてしまうが、流石に千葉の先の方となると牧歌的である。

そして、そんな自転車も錆びていた。
シルバーの自転車なのだが全体的に茶色い。
シルバーの自転車なのだが全体的に茶色い。
スタンドやチェーンカバーに錆が浮いている。
スタンドやチェーンカバーに錆が浮いている。
ハンドルの錆びも凄いが、カゴが錆びすぎて底が抜けていた。
ハンドルの錆びも凄いが、カゴが錆びすぎて底が抜けていた。
自転車と言えば、錆び錆びの自転車が落ちていた。廃墟ならあり得る光景だが、普通に人が住んでいる民家のわきである。
自転車と言えば、錆び錆びの自転車が落ちていた。廃墟ならあり得る光景だが、普通に人が住んでいる民家のわきである。
ブレーキもダイナモ周辺も錆びすぎである。
ブレーキもダイナモ周辺も錆びすぎである。
錆びすぎてスタンドがちぎれていた。ここまで錆びると、いっそ清々しさすら感じる。萌えである。ちなみに、この写真を撮った場所から海までは5mである。
錆びすぎてスタンドがちぎれていた。ここまで錆びると、いっそ清々しさすら感じる。萌えである。ちなみに、この写真を撮った場所から海までは5mである。

鉄橋の錆に萌える

駅から実家に向かう道すがら、鉄橋が錆びていた。しかも尋常じゃない錆びっぷりである。俺、こんな鉄橋を通る電車に乗ってきたのか…という驚きがあった。
遠目に見ても十分判る錆び方。
遠目に見ても十分判る錆び方。
鉄って錆びると層になるんだなぁ。ミルフィーユの様で可愛い。なお、この錆びた部品は鉄橋の橋桁本体ではないので安全上の問題は無いと思われる。
鉄って錆びると層になるんだなぁ。ミルフィーユの様で可愛い。なお、この錆びた部品は鉄橋の橋桁本体ではないので安全上の問題は無いと思われる。

セブンイレブンの看板も錆び錆びだ

駅前のセブンイレブンもなかなかだった。駐車場の隅に砂が溜まって、ちょっとした砂丘みたいになってたりする店なのだが、看板の足が錆びてひしゃげていた。

一番左の足がなんか曲がっている。
一番左の足がなんか曲がっている。
ほぼ朽ちかけである。大丈夫なのか。それでも健気に看板を支える錆びに萌える。
ほぼ朽ちかけである。大丈夫なのか。それでも健気に看板を支える錆びに萌える。

標識もガードレールも錆びる

公共の標識なんかも錆びまくりだ。なにせ、下の写真は左側がもう砂浜である。1年中海風を浴びまくっているもんだから、そりゃあもう、錆びないわけがない。
駅から200mくらい海側に立っている案内板。海→この案内板→セブンイレブン→駅という位置関係である。
駅から200mくらい海側に立っている案内板。海→この案内板→セブンイレブン→駅という位置関係である。
外側はゴムのような素材で覆われていたが、支柱は金属だったらしい。亀裂から塩気が入ったのか見事に錆びていた。一時「ど根性野菜」なんて言って舗装を突き破る野菜が話題になったが錆びも相当にど根性である。厚く膨らんだ錆びに萌えーである。
外側はゴムのような素材で覆われていたが、支柱は金属だったらしい。亀裂から塩気が入ったのか見事に錆びていた。一時「ど根性野菜」なんて言って舗装を突き破る野菜が話題になったが錆びも相当にど根性である。厚く膨らんだ錆びに萌えーである。
こんな標識の支柱もなかなかの錆びっぷりであった。
こんな標識の支柱もなかなかの錆びっぷりであった。
なぜかところどころ錆びて、そこから錆びダレが下に伸びる。
なぜかところどころ錆びて、そこから錆びダレが下に伸びる。
カーブミラーの標識も良い感じに錆びていた。言っておくが、普通に人が生活している町の、そこそこ交通量がある道のカーブにあるカーブミラーである。
カーブミラーの標識も良い感じに錆びていた。言っておくが、普通に人が生活している町の、そこそこ交通量がある道のカーブにあるカーブミラーである。
ガードレールの裏側も錆びていた。
ガードレールの裏側も錆びていた。
看板もこの通りだ。錆び文字である。赤は日光に当ると消えやすいとかそういうレベルをすっかり越えている。
看板もこの通りだ。錆び文字である。赤は日光に当ると消えやすいとかそういうレベルをすっかり越えている。
看板と言えば、この看板もよかった。錆びている部分はおそらく赤く塗られていたのだと思う。赤が消えて赤錆になった事で、図らずも錆びる前と同じ色関係を保っている。いずれ見事な錆び文字になるのだろう。
看板と言えば、この看板もよかった。錆びている部分はおそらく赤く塗られていたのだと思う。赤が消えて赤錆になった事で、図らずも錆びる前と同じ色関係を保っている。いずれ見事な錆び文字になるのだろう。

側溝の蓋は最終的に錆で埋まる

道路の脇にある側溝だが、たまに金属の格子の蓋があるだろう。あれも港町の場合は錆びていく。
隅の方が錆びるのはまだ若い。
隅の方が錆びるのはまだ若い。
最終的にはこうなる。なんだろう、食べ終わったトウモロコシの芯みたいだ。良い感じだ。壁紙にしたい。
最終的にはこうなる。なんだろう、食べ終わったトウモロコシの芯みたいだ。良い感じだ。壁紙にしたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓