はっけんの水曜日 2012年11月21日
 

麻雀漫画の宙に浮く牌を作る

悪いな、それロンだ(チョンボ)
悪いな、それロンだ(チョンボ)
麻雀漫画には独特の演出があると思う。

戦略を考える登場人物の表情を見せつつ、手元にある牌の内容も読者に見せるために、牌を宙に浮かせて表現するのだ。

あの浮いている牌を作れば、どんな場面でも麻雀漫画のいちシーンになるのではないか。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

業界独特の演出法

麻雀漫画の宙に浮いた牌を見たことがあるだろうか。

僕は麻雀漫画をほとんど読んだことがなかったけど、たまたま入ったラーメン屋に置いてあったのを何気なく見たときに、この演出がすごく気になったのだ。
参考までに麻雀漫画専門誌を買ってきた
参考までに麻雀漫画専門誌を買ってきた
これぞまさしく僕の求めていた宙に浮く牌 片山まさゆき「雀術師シルルと微差ゴースト」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
これぞまさしく僕の求めていた宙に浮く牌 片山まさゆき「雀術師シルルと微差ゴースト」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
顔の上にかぶせる、なんて表現もあるのか! 天獅子悦也「むこうぶち」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
顔の上にかぶせる、なんて表現もあるのか! 天獅子悦也「むこうぶち」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
宙に浮いた牌は、その登場人物の心象風景なのだと思う。顔の表情で緊張感を生み出し、でも牌はその人の方を向いていて見えないから、頭に映し出された光景、として表現しているのだろう。

夕日の空に浮かぶ死んだおっ母さんの笑顔、と同じ手法である。
オーソドックスな方法としてはコマの下に一直線に並べるというのもある。この向きのままゲームしてたらそれはそれですごい 伊藤誠「兎 ―野生の闘牌―」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
オーソドックスな方法としてはコマの下に一直線に並べるというのもある。この向きのままゲームしてたらそれはそれですごい 伊藤誠「兎 ―野生の闘牌―」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
ついに後ろ向きのまま牌を透かすという手法まで編み出されていた 伊藤誠「兎 ―野生の闘牌―」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
ついに後ろ向きのまま牌を透かすという手法まで編み出されていた 伊藤誠「兎 ―野生の闘牌―」(竹書房「近代麻雀」2012年12月15日号掲載)より引用
そこで、麻雀牌を繋げて宙に浮くように作り、人が考え込んだりしている場面を背景に写真を撮れば、あたかも麻雀漫画の一場面のような光景ができるのではないだろうか。つまりARだ(違う)。

というわけで、材料を買いに出かけた。はじめは本物の麻雀牌を使うことも考えたけど、重いのと、小さいので写真に写りづらいと思い、ちょっと大きめの牌を作ることにした。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ