ロマンの木曜日 2012年11月22日
 

長い!リュウグウノツカイ・マフラー

こうやって添うのが夢でした。
こうやって添うのが夢でした。
リュウグウノツカイ。「龍宮の使い」という高い身分にも関わらず、うっかり海岸に打ち上げられた日には「災害の前兆か」と怖れられてしまう。
しかしその風貌はいかにも神の使いにふさわしく、鷹揚にして華やかである。
怖れられ、あがめられ。そんな哀しみ深い魚を、マフラーにして暖めてあげたい。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

編み図も当然長い

もちろんこの魚の実物にはお目にかかったことはない。昔訪問したサンシャイン水族館に展示してあったはず、と画像を探したが、ホルマリン漬けの白けた標本があるばかりだ。
白くて長かったです。
白くて長かったです。
仕方がないので、ネットでいくつか参考になりそうな写真を探し、見本とする。ヒレの形や本数、模様の入り方など、生前の姿を推測した図や模型がある一方、着岸してしまったあとの何だかよくわからない姿のもあり、それらを脳内で組み合わせ補完しつつ進めていかねばならない。しかも長い。

そして見るべきポイントがいくつもある。ヒレ、模様、色…どこから始めていいのやら途方に暮れる。
右下のオヤジたちみたいなこともやってみたいね。
右下のオヤジたちみたいなこともやってみたいね。
そういうときはまず材料を買いにいけばいい。形から入るとやる気も出る。というわけで、リュウちゃん(名前が長いので以下こう呼びます)の体の大部分を占めるあの銀色、それを再現できるような毛糸を探しに出かけた。

だがピカピカの銀色の毛糸はほとんどなかった。ここが東京だからだろうか。大阪にいけば、銀のヒョウを編みたいねん、と望むおばちゃんたちによって銀色毛糸の一大市場がある、のかどうかはわからないが、お店にあるのはマフラーに向かないような細い糸だったり固い糸だったり暗い色だったりする。

なんとか、イメージに最も近くてマフラー向きの毛糸を見つけた。明るいグレーに銀の細いラメが入った、なんとも上品なものである。東京のおばちゃんにはこれで十分だろう。
銀ヒョウも編めるで、おかあちゃん。
銀ヒョウも編めるで、おかあちゃん。
まずは5個、買ってみた。いや、これから何個必要になるのか、想像するのも恐ろしい。

リュウちゃんの体長は約3mくらいだという。長い。その長さを編むのだから、少しの誤差も最後には大変な違いになりかねない。慎重に行かねばならん。

試しに少し編んでみてから10cm×10cmのゲージで測って目数を把握。この数字を元に、編み図を作成していこう。
15目×22段が10cm、ということは…
15目×22段が10cm、ということは…
こうなる。長すぎてエクセルの横スクロールを使い切ってしまったので、3つに分けた。
こうなる。長すぎてエクセルの横スクロールを使い切ってしまったので、3つに分けた。
本当にこの形でいいか、プリントしてつなげてみた。まあ、こんな感じだな。
本当にこの形でいいか、プリントしてつなげてみた。まあ、こんな感じだな。
エクセルで編み図を作ったところ、3mだと600段になることがわかった。うげー。いや、待てよ。最初のほう(頭から胸)こそ目数は多いが、尾のほうに行くに従いかなり細くなっていく。途中からグッと楽になるはずだ。毛糸の玉数も、お財布にやさしいかもしれない。

図さえできあがればもうあとは編むだけだ。こうなると俄然またやる気が出てくる。このやる気が雲散霧消してしまわないうちに、すぐ始めよう。
けっこう早く進む。
けっこう早く進む。
いつの間にか足元でとぐろを巻いていた。
いつの間にか足元でとぐろを巻いていた。
メリヤス編みという、ごく普通のシンプルな編み方で、4〜5日で編み上がった。玉数も6玉ほどで済んだ。どうも楽勝のようだ。

だがしかし、一番面積の広い、銀の地の部分が終わったはずなのに、まだまだ序の口もいいところだったのである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓