ちしきの金曜日 2012年11月23日
 

(変わった)古本屋の作り方

写真はこれですが、普通の古本屋を始めたい人も参考になりますよ、たぶん。
写真はこれですが、普通の古本屋を始めたい人も参考になりますよ、たぶん。
最近はすっかり古本屋=ブックオフ、という人も少なくないと思います。しかし、古本屋には古本屋しかない楽しみがあるのです。また本屋とも違う魅力とは?
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。
> 個人サイト service&destroy

世界一の古本の街にまた一軒

自分は九州は佐賀県の出身なんですが、大学で京都に行くまで古本屋を利用したことはたぶんなかった。まず近所にないし、街の方でみつけてもえらくボロっちくてまず入ろうという気はしなかったし。

それだけに東京に神保町や早稲田といった「古書街」といわれる場所があるのは、やっぱ歴史もあれば街自体もデカいからなあ、と思わせるものがあります。
ちょうど取材のときに古本まつりがやっていた。
ちょうど取材のときに古本まつりがやっていた。
全国42都道府県くらいの人は「祭りできるくらい古本屋あんの?」と思うはず。
全国42都道府県くらいの人は「祭りできるくらい古本屋あんの?」と思うはず。
しかし現在多くの人にとって一番利用してる古本屋が「ブックオフ」なのは間違いないんじゃないでしょうか。最近若い人に聞くと「近所に本屋はないけど、ブックオフはあるからよく行く」なんて事言われることあるくらいだからなあ。

しかし、古本屋には古本屋の魅力がある。…いや、自分もそんな通ってるわけではないので、「じゃあ言ってみろ!」と聞かれて満足な答えを出す自信はないですが。

お、そんな時にちょうどいい先輩があらわれた!以前「雑談トレーニング序説」でもお世話になった、ライター・ゲームデザイナーのとみさわ昭仁さんが神保町に古本屋をオープンするという。なかなか古本屋の開き方とか聞けるもんじゃないし、正直なぜいま古本屋をオープンしようと思ったのか聞いてみたい。
ということでオープン直前のとみさわさんのお店にやってきました。
ということでオープン直前のとみさわさんのお店にやってきました。
その名も「特殊古書店マニタ書房」。特殊古書店って何?
その名も「特殊古書店マニタ書房」。特殊古書店って何?
「世界一の本の街」という神田神保町。中でも古書店の数は180店近く。この街だけで何万、何十万冊本があるんだって話ですよ。集英社や小学館といった出版社もあるし。

そんな古書店街だけに、他とは違った専門古書店も少なくない。映画専門や音楽専門、医学や語学専門といった。そんな中に生まれたマニタ書房はどういう古書店かというと…。まあ棚を見ていただけますか?
ア行はこんな感じ。アートにアイドル・映画…。
ア行はこんな感じ。アートにアイドル・映画…。
続いてカ行。ゲーム…黒人?ご長寿?
続いてカ行。ゲーム…黒人?ご長寿?
「秘境と裸俗」だけでワンコーナー。左下の「のりもの」が超ポップに見える。
「秘境と裸俗」だけでワンコーナー。左下の「のりもの」が超ポップに見える。
そして「人喰い」。こんなに出てる事も普通は知らない。
そして「人喰い」。こんなに出てる事も普通は知らない。
たしかにこれは「特殊古書店」としか言いようがない…。「サブカルチャー」「アンダーグラウンド」ともちょっと違うもんなあ。ちなみに「人喰い」なんてジャンルがあるのは、とみさわさんが『人喰い映画祭』なんて単行本を出すほどの人喰いマニアだから。

いったいなぜこんな古書店を作ろうと思ったのか?とみさわさんに聞いてみよう!
オープン前、本を整理する中にお話うかがいました。
オープン前、本を整理する中にお話うかがいました。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓