チャレンジの日曜日 2012年11月25日
 

東京の酒造の日本酒はあなどれない

都内3か所の蔵を訪問しました。
都内3か所の蔵を訪問しました。
酒蔵と言えば、水も空気も景色も綺麗な山間などにあるイメージがありますが、過密都市東京にも日本酒を作る酒蔵があります。それも、奥多摩の山の中だけではなく、割と都市部にもあるのです。

そして、そんな場所で作られる日本酒が予想以上にうまいのです。今回は、東京都内にある酒蔵をいくつか訪問してきました。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

明治頃までは23区内にも多数の蔵があった

今からおよそ100年前。明治時代までは、東京23区内でも60以上の日本酒の酒蔵があったそうです。
こんな感じで酒造がありました。FBO(料飲専門家団体連合会)の資料より。
こんな感じで酒造がありました。FBO(料飲専門家団体連合会)の資料より。
災害や戦火、都市化などによりその数は減り、東京都内全てを合わせても今は10蔵(休蔵中、委託醸造の蔵も含む)しか残っていません。しかも、大半の蔵は生産量が少なく、蔵の近くに住んでいてもその蔵の酒を見かけることが少ないです。

今回訪問した蔵は東京23区内から比較的近く、現地で購入可能な蔵を選んでいます。

23区内にも酒造がある

最初に訪れたのは東京都北区。JR赤羽駅北口より歩いて20分。東京メトロ南北線赤羽岩淵駅からなら歩いて3分の所にある小山酒造です。
シャッターの上に酒林(酒蔵などに吊るされている杉の葉を丸く束ねたもの)が無ければ酒造とは思えない見た目。
シャッターの上に酒林(酒蔵などに吊るされている杉の葉を丸く束ねたもの)が無ければ酒造とは思えない見た目。
こちらの蔵は23区内に唯一残る酒蔵で、この地でおよそ130年酒を造り続けています。
五代目にあたる副社長の小山周さんと、常務取締役できき酒師でもある小山久理さん。
五代目にあたる副社長の小山周さんと、常務取締役できき酒師でもある小山久理さん。
生産量は年間350石(1石は180リットル)ほどで、1升瓶なら35000本。通常400〜500石で小規模酒造と言われるので、かなり生産量は少ないと言えます。
十数年前までこんな感じの設備だったそうです。
十数年前までこんな感じの設備だったそうです。
昔の蔵を上から撮影した写真。上に写るのは荒川の土手。 
昔の蔵を上から撮影した写真。上に写るのは荒川の土手。 
現在の蔵は周りの環境の変化により温度管理が難しくなったので、空調が効いた近代的な蔵となっています。しかし、水は今も地下130mの井戸から秩父を源流とする良質な水が湧き、それを使用しています。
今の蔵の中。見た目は酒蔵というより食品工場ですね。
今の蔵の中。見た目は酒蔵というより食品工場ですね。
さて、この蔵で作られている日本酒がこちら。
丸眞正宗純米吟醸。この季節限定のしぼりたて生酒。
丸眞正宗純米吟醸。この季節限定のしぼりたて生酒。
丸眞正宗です。「丸眞」とは「まるまる本物」という意味で、初代がつけた名前だそうです。飲み口が軽く、キレの良い後味で、うま味が残るしっかりとした味わいです。よく言われるところの淡麗辛口。初めて飲んだ時はその旨さに驚きました。
昔は風呂に入れる専用の日本酒も作っていたそうです。売れたのか?
昔は風呂に入れる専用の日本酒も作っていたそうです。売れたのか?
正直なところ「赤羽あたりで作った酒か。観光地の土産物屋に置いてある適当な日本酒ぐらいの味じゃないの」なんて最初は考えていたのです。しかし、飲んでみるとこれが実にいい。

吟醸酒の甘いほのかな香りと、後からくる酸味のバランスがよく、そのままで良し。何かサッパリとした味わいの料理に合わせるのもいいでしょう。うまいです。
蔵の前の酒屋。小山酒造の酒は全種類ありました。蔵直営ではないが、親戚の方が経営しているそうです。
蔵の前の酒屋。小山酒造の酒は全種類ありました。蔵直営ではないが、親戚の方が経営しているそうです。
蔵では5名から酒造見学を受け付けています。製造現場に入ることはできませんが、試飲も出来るので興味のあるかたは仲間を集めて行ってみてはどうでしょうか。見学をしなくても、酒造の前の酒屋では小山酒造の酒を扱っているので、そこで購入することも可能です。

酒造のホームページでネット販売もしているので、遠方の方はそちらで。
JR赤羽駅内のエキュート赤羽ではオリジナルラベルの丸眞正宗も販売している。
JR赤羽駅内のエキュート赤羽ではオリジナルラベルの丸眞正宗も販売している。
では、次の蔵。東村山市に行きます。
小山酒造株式会社

東京都 北区岩淵町26-10
03-3902-3451

http://www.koyamashuzo.co.jp/

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓