ちしきの金曜日 2012年11月23日
 

無人島観光に興奮

マンモスがいる!
マンモスがいる!
無人島に惹かれる。みんな
「無人島に持っていくなら何がいいか?」
とか3日に1回くらいは無人島のことを考えてるだろう。
それは魅力があるからだ。

そんな無人島の周りを船で一周したあと上陸し、気が済むまで歩いて回れるツアーがあった。

場所は長崎県は壱岐。
今回はその興奮ぶりをお伝えしたいと思う。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。

前の記事:「壱岐の「死ねる」っぷりが凄い」
人気記事:「廃墟の水族館に行って来た」

> 個人サイト 長崎ガイド

辰の島

誤解を招かぬように言うと壱岐は無人島ではない。
壱岐は長崎県北部、玄界灘に浮かぶ人口3万人くらいの島。その周囲にいくつかさらに小さな島があり、そのうちのひとつが「辰の島(たつのしま)」という無人島。そこに行く。
観光船の案内所
観光船の案内所
壱岐について調べていたらファンキーなホームページをみつけたのでそこを利用した。漁協がやっている遊覧船だ。

料金は遊覧が1,500円。遊覧+上陸だと2,000円。
「上陸もしますか?」
と聞かれ、一瞬意味がわからなかったが“上陸”という言葉の響きだけで「ハイ」と返事。その後、受付のお姉さんが詳しく内容を説明してくれた。
辰の島のマップ。
辰の島のマップ。
辰の島は無人島だが、観光地として整備されている。 海水浴場があり、夏場は監視員が昼間常駐してるそうだ。トイレなどもあるが、これはカギがかかっていてオフシーズンは使えない。

私が訪れたのはオフシーズンの10月末&平日だったということもあり、島は完全に無人。船に乗ったのも私一人だった。つまり、船と島が貸し切り状態で2,000円というわけだ。破格!
危険地帯やドクロマークの場所もある。
危険地帯やドクロマークの場所もある。
グーグルマップだとこんな感じ。イラストマップとの微妙な違いにけっこう悩んだ。(大きな地図で見る
船ってテンション上がるよね。
船ってテンション上がるよね。
こういう船に乗ったのだが、この回の客は私一人だけだったので…
船長の助手席、かぶりつき席に座る!
船長の助手席、かぶりつき席に座る!
離島って全体的にこういう感じのノリだから大好きだ。
離島って全体的にこういう感じのノリだから大好きだ。
まずは島のまわりを一周し、船からの眺めを楽しむ。
まずは島のまわりを一周し、船からの眺めを楽しむ。
雰囲気を動画でどうぞ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓