ひらめきの月曜日 2012年11月26日
 

県境またがり神社を訪ねて

普通じゃないところがいくつかある
普通じゃないところがいくつかある
当サイトは世の中の要否と無関係に様々な情報をお送りサイトだが、どうも県境や市境が気になりがち。これまで「境」を巡る記事をいくつか掲載してきた。(「デイリーポータル 県境 OR 区境 OR 市境」の検索結果)

境が入り組んでいる場所や店内に境がある商業施設を訪れてきたが、今回は神社。上の写真には県境が描かれているわけではないが、実ははっきり境目がわかるようになっているのだ。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

県境どまん中

旧中山道を車で走り、やってきたのは群馬県と長野県の県境にある旧碓氷峠。今回の目的地は、その頂上にある神社だ。
くねくねの山道が峠っぽさを演出
くねくねの山道が峠っぽさを演出
この写真ではまだわからない特殊性
この写真ではまだわからない特殊性
参道に立って神社の方を見てみても、至って普通の静かな神社。石灯籠と鳥居の風合いが年季を感じさせるものの、特にこれといって変わったところはない。
意味ありげな赤い破線
意味ありげな赤い破線
足下にはこんな表示が
足下にはこんな表示が
しかし掲げてあった看板を見ると、この神社の特徴がはっきりとわかる。参道の真ん中に点々と線が描かれている。その左右には、長野県鎮座・群馬県鎮座と描かれているのも確認できる。

さらに参道の地面には長野県・群馬県と刻まれた石板が埋め込んである。そのまま視線を上げると、こういうことになるのだ。
きれいに真ん中にある県境
きれいに真ん中にある県境
看板の赤い破線の意味がよくわかる。参道からして、その真ん中を県境が走っているのだ。
ちゃんと説明してくれてある
ちゃんと説明してくれてある
面ごとに別々の神社名が読み取れる
面ごとに別々の神社名が読み取れる
1つのお宮で別々の神社ということが文でも説明されていた。群馬県側が安中市にある「熊野神社」で、長野県側が軽井沢町にある「熊野皇大(こうたい)神社」だ。
道路のひびに注目
道路のひびに注目
地面の県境表示を神社とは反対側に辿っていくと、前を走る道路にはひび割れがあった。関東でも県境が道路面ではっきりわかる場所が、当サイトの記事で紹介されていた(参照)。ここも工事管轄の違いでこのようになっているのだろうか。

神社も気になるが、まずは道路の反対側の県境がどうなっているかを確かめよう。
わかりやすく地面に引いてある線
わかりやすく地面に引いてある線
線はそのまま建物に吸い込まれていく
線はそのまま建物に吸い込まれていく
道路を越えた広場には、見てわかるように県境の線が引かれていた。さらにその線を追っていくと、すぐそこにある建物にぶち当たる。
誇らしげにも見える県境表示
誇らしげにも見える県境表示
建物の正体は「しげの屋」という茶店。昔、この峠を越える人たちが食べた力をつけたという「力餅」が名物のお店だ。

県境は中でどうなっているのだろうか。お餅も食べてみたいし、入ってみよう。
店内でも続けてくっきりわかる県境
店内でも続けてくっきりわかる県境
県境をまたいで広がる森も楽しめる
県境をまたいで広がる森も楽しめる
うれしいのは店の中にも床に線を描いて県境がわかるようになっていたこと。さらにはそのままベランダ席にも続いていて、わかるところまでとことん引いてくれている。
6種類の味の中からクルミをチョイス
6種類の味の中からクルミをチョイス
お店のサイトにも群馬県と長野県、両方の住所を掲載。会計時にお店の方にうかがったところ、固定資産税は両県それぞれに払っているそうだ。そんな県境トークも楽しめて、県境好きにはたまらないお店だと思う。(すでに今期は冬期休業に入ったので、春まで待って下さい)

おいしくお餅もいただいたので、改めて神社に戻ろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓