フェティッシュの火曜日 2012年12月11日
 

スペイン北部のマイナー世界遺産巡り

旅行ガイドブックに詳細が無い、渋めの世界遺産を紹介します
旅行ガイドブックに詳細が無い、渋めの世界遺産を紹介します
世界的に見て価値の高い文化財や自然を総合的に保護し、後世に受け継ぐ目的で1972年に採択されたユネスコの世界遺産条約。

2012年12月現在、世界遺産リストに記載されている物件は962件に及ぶものの、そのうちの半分近くがヨーロッパに存在するという偏りがある。これだけの数があるのだから、誰もが知っているようなメジャーな物件もあれば、マイナーな物件もあるだろう。

その世界遺産密集地帯であるヨーロッパのうち、今回はスペイン北部のあまり知られていない(と私が思う)世界遺産にスポットを当てて紹介したい。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「日高で見かけた全長1kmの建造物」
人気記事:「命がけの紅葉狩り〜黒部峡谷下ノ廊下を歩いた」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

サンティアゴ巡礼路沿いにある世界遺産

今年の春から夏にかけて、フランスからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへ続く、サンティアゴ巡礼路を歩いてきた。

その道はスペイン北部を横断してスペインの西端にあたるサンティアゴまで続いており、途中にはいくつかの世界遺産が存在する。

……というか、そもそもまず、サンティアゴ巡礼路自体が世界遺産である。
中世から巡礼者が歩いてきたサンティアゴへの巡礼路
中世から巡礼者が歩いてきたサンティアゴへの巡礼路
1993年に世界遺産となった道である
1993年に世界遺産となった道である
途上にある古い橋や修道院なども一括して世界遺産
途上にある古い橋や修道院なども一括して世界遺産
また、巡礼の目的地であるサンティアゴのカテドラルとその周辺の歴史的建造物も、「サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街)」として1985年に世界遺産となっている。
まぁ、世界的な聖地ですし、歴史ある建物ですし
まぁ、世界的な聖地ですし、歴史ある建物ですし
そのカテドラルは眺める方向によって表情が変わる
そのカテドラルは眺める方向によって表情が変わる
カテドラルの周辺をうろつくだけで一日潰れた
カテドラルの周辺をうろつくだけで一日潰れた
しかし、これらは世界遺産としてはメジャーにも程があるというレベルである。キリスト教三大聖地の一つであるサンティアゴはスペイン有数の観光地でもあるし、その巡礼路は毎年10万人の巡礼者が歩いている。

また巡礼路沿いにあるブルゴスという都市の「ブルゴス大聖堂」も世界遺産であるが、そこもまた観光地として良く知られており、マイナーとは言えないだろう。
1983年に世界遺産となった「ブルゴス大聖堂」
1983年に世界遺産となった「ブルゴス大聖堂」
スペインで3番目に巨大なカテドラルだ
スペインで3番目に巨大なカテドラルだ
一面のレリーフに目を見張る
一面のレリーフに目を見張る
では、ここでいうマイナーな世界遺産とは何か。それはガイドブックに詳細な記述があるか無いかで判断したい。

私の持っているスペインのガイドブック(某歩き方)には世界遺産のインデックスページがあり、各世界遺産の詳細が書かれたページを参照できるようになっている。しかし中には一行の概要だけで、本文では全く触れられていない悲しい物件もいくつかある。

ガイドブックに記述が無いのだから、行きたくても二の足を踏んでしまうだろう。訪れる人も少ないはずだ。というワケで、いよいよ次ページから、ガイドブックに書かれていないマイナー世界遺産の紹介です。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓