ちしきの金曜日 2012年12月21日
 

30年前の手品道具が粉になっていた

白かったウサギのスポンジが…
白かったウサギのスポンジが…
小学生の頃から手品道具が好きで、気づけばけっこうな数になっていた。が、タネを知ったら満足してしまうタイプで、肝心の手品自体はほとんどやってない。本物の手品愛好家は地道な練習を積み重ね、己のテクニックを磨き上げることに喜びを見い出すものだが、私はそういうのとは無縁な、ただの道具好きなのだ。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。

前の記事:「鉄道マニアが結婚したらこうなった」
人気記事:「廃墟の水族館に行って来た」

> 個人サイト 長崎ガイド

発掘

手品の道具集めは小学2年生の時から始まった。
今41なのでかれこれ30年以上になる。
私のコレクション歴の中でも特に歴史が古い。
ものすごい中途半端な手品コレクション。
ものすごい中途半端な手品コレクション。
私は中途半端に物を集めてしまう癖がある。
「集める」というより「気付けば集まってた」という感じ。
コレクションもその道一筋、脇目も振らず徹底して集めた物は良いものだが、私の場合は中途半端で、その上捨てるのも苦手。処分しようと思って手に取ったつもりがいつの間にか見入ってしまい、「もう少し取っておこうかな…」と言ってまた箱に収めるのがお馴染みのパターンだ。

つい先日も、
「収納スペースも手狭になったことだし、いい加減手品道具処分するか!」
と思い立って箱を開いたところ、やけに古いのが出てきた。
右上に55.4と書いてある。昭和55年4月のだ。
右上に55.4と書いてある。昭和55年4月のだ。
日本奇術連盟(JMA)という老舗メーカーの昭和55年(1980年)のカタログが出てきた。親父がデパートでもらってきてくれたもので、猛烈な懐かしさが込み上げてきた。
小学生だった当時、これを隅から隅まで読んだのだ。
小学生だった当時、これを隅から隅まで読んだのだ。
持ってるものに印が付いている。と言っても小学生の財力では値段の安いもの数点だけ。カタログは値段の安い順に並んでいる。
持ってるものに印が付いている。と言っても小学生の財力では値段の安いもの数点だけ。カタログは値段の安い順に並んでいる。
なぜか各ページ毎に合計金額を書いた斎藤少年。
なぜか各ページ毎に合計金額を書いた斎藤少年。
36番の「鎖手錠」がすごく欲しかった。その頃テレビでは引田天功(初代)が脱出する系のマジックをよくしていて、私のような子供たちに影響を与えた。
36番の「鎖手錠」がすごく欲しかった。その頃テレビでは引田天功(初代)が脱出する系のマジックをよくしていて、私のような子供たちに影響を与えた。

白かったスポンジウサギ

上のカタログにも載ってる手品道具のひとつ、「仲の良いウサギ」があった。買ったのはカタログと同時期、昭和55年前後だと思う。古めかしさが半端じゃない。
時代を感じさせるレトロなデザイン。
時代を感じさせるレトロなデザイン。
手品用品としては定番中の定番。ウサギのカタチのやわらかいスポンジが、手の中で増えたり消えたりする。
手品用品としては定番中の定番。ウサギのカタチのやわらかいスポンジが、手の中で増えたり消えたりする。
が、箱をいじっていたら中から粉が…
が、箱をいじっていたら中から粉が…
開けてびっくり
開けてびっくり
ポロポロのミイラみたいなウサギ(だったもの)が出てきた。
ポロポロのミイラみたいなウサギ(だったもの)が出てきた。
真っ白なスポンジのウサギだったのが、指で軽く押しただけで粉になる塊と化していた。30年ってこんなに長い時間だったのか…と浦島太郎のラストシーンのような気分になった。

たった30年前だが古文書のような古めかしさ

昭和55年なんてつい最近…と思っていたが、
説明書が思ってた以上に古くて驚いた。
「テーブルマジック(食卓奇術)」と書いてある。
「テーブルマジック(食卓奇術)」と書いてある。
ビンツケ油か飯粒を糊として使えと書いてあったり…
ビンツケ油か飯粒を糊として使えと書いてあったり…
「マヂック」と書いてあったり。もっとも、この古めかしさは日本奇術連盟だったからかもしれないが…。
「マヂック」と書いてあったり。もっとも、この古めかしさは日本奇術連盟だったからかもしれないが…。

ウサギ以外の道具は

その他の道具も見ていこう。
が、先に言うと仲の良いウサギほど劇的に変化をしていたものはなかった。
「えにしの糸」という手品道具。
「えにしの糸」という手品道具。
真っ赤だったフサフサが、オレンジのモサモサと化していた。
真っ赤だったフサフサが、オレンジのモサモサと化していた。
これは親父が東京のデパートで実演販売してるのを見て、これはすごいと買ってきてくれたものだ。実演販売を見てない自分的にはわりと「ふーん」な手品道具だった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓