はっけんの水曜日 2012年12月26日
 

ビッグサイトはどでかいパンティーだった

!
パンティーにはなぜかリボンが付いている。と思う。 本物を見たことはないので断言はできない。

しかしイラスト等では、 それを表すとき白い三角に小さなリボンを付けて描写することが多い。 確かにただの白い三角では、矢印かホームベースにしか見えないだろう。 そこにリボンが付いてあることで途端にパンティーになるのだ。 グラサンと言えばタモリ、並の強烈なアイコンではないか。

世の中の物をなんでもパンティー化してしまうあのリボン。 そこにはいったいどんな法則があるのか。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。

前の記事:「電柱のあの白い玉が食い込むのを見たい」
人気記事:「食べるラー油で揚げるとすごくおいしい」

> 個人サイト こざとへんなところ+++

解けないリボン

これがリボンの付いたパンティーである。
正確にはショーツというそうだ。
正確にはショーツというそうだ。
しかし今回の企画で必要なのはリボンなので、 それ以外の部分は必要ない。
白、ピンク、黒。
白、ピンク、黒。
このリボン、いったいどうやって付いているのかと思ったら、 結び目から直接パンティーに縫い付けられていた。

なので布から直接切り取ったが、解けないリボンというのは、一種のパラドックスのような存在である。

単体だとオシャレアイテム

これらのリボンはそれだけで なんでもパンティー化させてしまう強烈なアイコンだと冒頭で述べた。

しかし試して気づいたが、リボンだけでそうなるほどではなかった。
アメリカンカレッジのダンスパーティーにて。
アメリカンカレッジのダンスパーティーにて。
プレゼントにどうぞ。
プレゼントにどうぞ。
どちらも全然パンティーではない。

考えてみればリボン自体は普通にリボンである。 それでパンティーに見えてしまっては世界がとんでもないことになるではないか。

要素に分解し方程式で表す

ここは冷静に、リボンとその他の要素を分けて考えてみよう。
リボンのみ。当然リボンにしか見えない。
リボンのみ。当然リボンにしか見えない。
白い三角のみ。単なる三角以外のなにものでもない。
白い三角のみ。単なる三角以外のなにものでもない。
しかしその二つが合わさると、紛れもない物になる。
しかしその二つが合わさると、紛れもない物になる。
なるほど、リボンに三角形を加えるとこうなるらしい。 この関係はこういった簡単な式として表せないだろうか。
!
つまり三角形であれば、リボンを付けるだけでパンティーになるということ。 また、三角形はパンティーからリボンを抜いた物に等しく、リボンはパンティーから三角形を抜いた物に等しいことも分かる。

本当にこの方程式が正しいのか、 三角形にリボンを足してみて証明してみようと思う。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓