はっけんの水曜日 2012年12月26日
 

巨大チェーンソーと高性能林業機械を見てきた

これが高性能林業機械、ハーベスタだ!
これが高性能林業機械、ハーベスタだ!
山形で林業をやっている友人から、「林業の機械がかっこいいから見に来てよ!」という誘いがあったので、森林浴がてらいってきた。

その現場にあったのは、ゲームかマンガの世界から抜け出たような巨大チェーンソーと、巨大肉食恐竜のような高性能林業機械だった。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「ぬるいチキンラーメンというメニューの謎」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

林業の現場にやってきた

かっこいい林業の機械とやらをみるためにやってきたのは、山形県にある杉の伐採現場。

訪れたのはちょうど紅葉のシーズン真っ最中で、まるで絵画の世界のような景色の中に、その現場はあった。
伐採直後の杉林が油絵っぽかった。
伐採直後の杉林が油絵っぽかった。
林業の機械を見る前に、すでに林業の現場というものがかっこいい。

こんな場所で木を切る仕事をする人生っていうのも素敵だなと一瞬思ったが、後日、案内してくれた友人のfacebookに、「今日は暴風雪氷点下でしたが、郷土の山林のため、汗かきベソかき恥をかき、一生懸命頑張ります!」と書かれているのを見て、やっぱり楽な現場じゃないよなと考え直した。
案内をしてくれた樹さん。
案内をしてくれた樹さん。

チェーンソーがでかい

最初に見せてくれたのは、この伐採の現場で活躍中だという、おなじみのチェーンソーだ。

チェーンソーなんて珍しくもないような気もするが、いや珍しくはあるんだけれど驚くようなものではないだろうと思っていたのだが、林業のプロが使うチェーンソーは、驚くに値する大きさだった。
伐採の現場はとても危ないので、エアー伐採。
伐採の現場はとても危ないので、エアー伐採。
樹さんがよっこらしょと担いできたチェーンソーは、マンガやゲームの世界で見かける、馬ごと人を切るでかい剣(斬馬刀というやつですか)のようなスケール。

刃渡りは堂々の1メートルで、日本で使われているチェーンソーでは最大クラスらしい。
長いぞ、チェーンソー。
長いぞ、チェーンソー。
こんな長いチェーンソーで一体なにを切るんだよと突っ込みたくなるが、当然切るのは木だ。

樹齢100年近い木を効率よく伐採するには、このサイズのチェーンソーが必要となるらしい。

なるほど、これは確かにかっこいい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓