ちしきの金曜日 2012年12月28日
 

大きな駅のあまり人が行かない方

建築ってこういうふうに一部を切り欠くことができるのか!びっくり!
建築ってこういうふうに一部を切り欠くことができるのか!びっくり!
旅行や仕事遠くの街に出かけた時、ちょっとだけ時間があるけどどうしようか、ということがあるだろう。

15分後に待ち合わせなので遠くまでは出かけられないけどただぼーっと待ってるのもなんかもったいない。だけどそこは取り立てて観光地でもないターミナル駅、とか。

そういうときは、人があまり行かない方へ歩くといい。思いがけずおもしろい場所に出たりする。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

小倉駅で10分だけ時間があった

先日、北九州に行った。目的は工場を見るためだ。

案内してくれる人を待っていて、約束の時間までちょっとだけ時間があって、散歩でもしようか、と思った。
ちなみにこういうすてきな工場を見に行くための待ち合わせだった。うきうきしてた。
ちなみにこういうすてきな工場を見に行くための待ち合わせだった。うきうきしてた。
場所は小倉駅。少し行けばすてきな迷路のような商店街があるのは知っているが、そこまで時間はない。せいぜい10分だ。

ご存じの通り、小倉は新幹線も停まる大きな駅である。つまり、駅前付近は整備されていて、あまり面白味はない。

と、思っていたら大間違いだった。
ほんとに駅出てすぐのところになんとも魅力的な通り道が!
ほんとに駅出てすぐのところになんとも魅力的な通り道が!
オレンジ色が問題の道(大きな地図で表示
夜は賑わうのだろう、という感じの店舗ラインナップ。
夜は賑わうのだろう、という感じの店舗ラインナップ。
屋根のある部分を通り抜けたら「A級」。
屋根のある部分を通り抜けたら「A級」。
その先には「名画座」
その先には「名画座」
専門性に特化した映画館のようだ。味わい深いペンキ絵。それにしても全裸でつり革。どういうシチュエーションなのか不明。上に並んだ提灯と「情報発
専門性に特化した映画館のようだ。味わい深いペンキ絵。それにしても全裸でつり革。どういうシチュエーションなのか不明。上に並んだ提灯と「情報発"進"」にもぐっとくる。
古くからの風俗街だ。きっと駅前の再開発をよそに変わらぬ佇まいを残し続けた結果なのだろう。

地元の人にとっては「ああ、あそこね」っていうぐらいのものなんだろうが、よその人間にとっては、新幹線駅のほんとに目の前の一画だけがこうなっているのはとてもおもしろい。
駅の方を振り返ると、アーケードのようになっていた部分が不思議なことに!なんかビルとビルの間に二重に屋根がかけられているのだった。しかもその間の空間は、こっち側から見るとあけっぴろげ。いいねこういうの。
駅の方を振り返ると、アーケードのようになっていた部分が不思議なことに!なんかビルとビルの間に二重に屋根がかけられているのだった。しかもその間の空間は、こっち側から見るとあけっぴろげ。いいねこういうの。
整備されきっちゃっているかのように見える大きな駅でも、こういう「ほころび」って必ずあるものなのかもしれない。

そう思って、約束通りの時間に落ち合って工場へ行ったのだった。

で、似たような機会が広島でもあった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ