ひらめきの月曜日 2013年1月14日
 

ついに登場!メガネに指紋がつかないようにする装置の反対

!
メガネ使用者にとって死活問題ともいえるのが、レンズの汚れ。その代表的な例が指紋だ。うっかり指で触っただけで、もう視界は濁るし見た目もみっともないし、いろいろと台無しである。今回は、この問題に発明的アプローチで迫ってみたい。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

メガネの天敵

うちの子供が、メガネが大好きなのだ。好きなのはいい。眺めて楽しんだり、飾って愛でたりしてくれる分には何らかまわないのだ。問題は子供がまだ10ヶ月の赤ちゃんだということであって、彼の主なメガネの楽しみ方は「にぎる」「なめる」である。赤ちゃんはメガネの天敵と言ってもいい。

そういうわけで、最近とくに、メガネにつく指紋に悩まされている。
やめてー!
やめてー!

過ぎてしまえば美しい日々かも

話は変わるが、人間、(いや、もしかしたら単に僕がそういう性格なだけなのかもしれないけど)けっこう辛い状況でも、過ぎてしまってから振り返るといい思い出に変わってしまうものだ。

僕は昔システム会社に勤めていて、客先に12連泊して一日おきに徹夜する、みたいな生活をしていたこともある。当時は相当辛かったと思うのだが、今考えてみると「みんな徹夜明けの変なテンションで妙な一体感があって、あれはあれで楽しかったな…」なんて思ってしまうのだ。
愛用のメガネ。初見の人になぜか「おまえは葬式にもそれで行くのか!?」と詰め寄られたことがある。
愛用のメガネ。初見の人になぜか「おまえは葬式にもそれで行くのか!?」と詰め寄られたことがある。
僕の言いたいことがわかってもらえたかな。つまり、メガネの指紋に悩む生活、これも、過ぎてしまえば「あれはあれで楽しかったな」なんて思う日が来るのかも、ということだ。しかも今の子供の可愛さを考慮すると、その可能性は十分高い。

今はこんなにも指紋をつけられたくないと思っているのに、いつか、指紋をつけられることが急に懐かしく思えてる時がやってくるんじゃないだろうか。

それは切ないな。そのときのために、今のうちにできることはないだろうか…。

そんな思いから、できた装置がこちらになります。

メガネに絶対に指紋がつかないようにする装置の反対

メガネに指紋をつける機械だ。

いつか子供が大きく育って、もう僕のメガネに指紋をつけなくなるときがくる。そうしたら、僕は一人でこの機械を動かして、指紋付きメガネの懐かしさに浸ることができる。すばらしいじゃないか。

僕は、これはAIBOに近いコンセプトの機械だと思っている。AIBOは犬が好きな人向けの、愛玩専用の機械である。こちらは子供が好きな人向けの、指紋付け専用の機械。どちらも、なにかの代替として、たっぷり愛情を注いであげられる機械。

いま書いてて相当無理があるなと思ったのだが、作ってるときはそういうつもりで作ったのだから、そういうものだと思って欲しい。
あなたが納得したかどうかにかかわらず、そういう前提で、次のページからメイキングが始まります。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ