ひらめきの月曜日 2013年1月14日
 

リメイク術で冬用忍者服をつくろう

冬でも快適な忍者の装いを提案します
冬でも快適な忍者の装いを提案します
ここ最近、町中で忍者のコスチュームの人に偶然出くわしたり、自分も忍者の格好をする機会が何度かあった。 けどそれは夏のこと。

そういや忍者って薄着だし、この時期に忍者っぽい格好で出歩くのは厳しいだろうなぁ。


そこで今回は「忍者の格好で外に出たいけど、この寒さじゃね〜……」というそこのアナタへのご提案です。
島根県生まれ。毛糸を自在に操れる人になりたい。地元に戻ったり上京したりを繰り返してるため、一体どこにいるのか分からないと言われることが多い。プログラマーっぽい仕事が本業。
> 個人サイト それにつけてもおやつはきのこ

ここ最近の忍者とのふれあいをざざっと

偶然忍者に出くわしたと冒頭にも書いたが、このときは、帰省先の人もそんなに歩いてないような道端に突然忍者が居たんだった。これはコスプレイヤーの方たちだった。
地元歩いてたら忍者が居た! という状況にちょっとびっくり
地元歩いてたら忍者が居た! という状況にちょっとびっくり
城をバックに撮りたいということで来たらしい
城をバックに撮りたいということで来たらしい
自分も忍者の格好をする機会が何度かあったっていうのは、

伊賀を旅行したときに、忍者コスチュームを貸し出してる店が何軒かあり、それを着て町を散策することができた。レンタルしたのはくノ一の衣装だ。
くノ一の衣装を借りて町を散策
くノ一の衣装を借りて町を散策
この格好のまま移動
この格好のまま移動
このときはこの状態で公道をふらふらしてても何の不自然なこともなく受け入れられてた……はず。

この次に忍者の格好をしたのは、昨年の夏に手裏剣大会に出ることになったとき。(※北村さん記事参照

このために人から借りた衣装に着方の説明書きがなかったので自分なりに着てみたけど……
たぶん違う
たぶん違う
頭巾のかぶり方を間違えたっぽい。なんかマヌケだ。足手まといの出来そこない、という感じ。

編集部の安藤さんの忍者記事馬場さんの水蜘蛛の記事を参考にすればよかったか。
さすが慣れてるだけのことある
さすが慣れてるだけのことある
これやってみたい
これやってみたい
不格好だったので、友人にも協力してもらって、あーだこーだ、どうした方がいいと言いつつアレンジしてみた……と思ってたが、竹の子族にしか見えないと言われた。
何を間違えたんだろう
何を間違えたんだろう

忍者っぽい装いって……?

忍者って意外といろんな服装をしてて、格好によっては、忍者と認識してもらいにくいものもある気がする。
この格好だと、忍者だということをおばあちゃんにも分かってもらえるかどうかビミョー……
この格好だと、忍者だということをおばあちゃんにも分かってもらえるかどうかビミョー……
やっぱ老若男女誰が見ても分かる忍者ってこういうのだろうと思う 。
私物の忍者人形
私物の忍者人形
そんなことを考えてたら、安藤さんなんてこの頭巾だけで忍者と言いきっているし
簡易すぎる
簡易すぎる
ということは、頭と口の周りを覆えばそれなりに忍者に見えるってことか。
いや、そんなことなかった
いや、そんなことなかった

動きにくくてもいい、ファッションだもの

忍者っていうのは身軽である必要があるため基本的に薄着だ。
けど本来の役割を無視したファッションとしての忍者は別に薄着である必要もないんじゃないか。

それなら冬仕様忍者コスチュームをつくってみよう!

市販の服をリメイクすることにした。
しまむらで材料買ってきた。全部1000円以下!
しまむらで材料買ってきた。全部1000円以下!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ