ロマンの木曜日 2013年1月17日
 

エスカレーターの模型をつくる

一家に一台エスカレーター
一家に一台エスカレーター
2013年、今年も精一杯エスカレーターを愛でていきたい。
まずは、エスカレーターの模型をつくってみた。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

エスカレーターの構造をわかりたい

エスカレーター偏愛歴も10年近くになるが、じつをいうと私はかなりフィーリング重視のファンなので、エスカレーターの構造とか歴史とか型番とか技術面にてんで疎い。今年はこのあたりを強化していこうと思っている。
というわけでまずは構造だ。階段のステップが、最初は平坦で、そして階段になって、戻るときには平らになって戻ってくるのである。
うん、わからない。
メーカーのホームページをみると、だいたい簡単な構造が載っているのだが、 わからない。
メーカーのホームページをみると、だいたい簡単な構造が載っているのだが、 わからない。
透明のエスカレーターを延々と眺めていたこともあるのだが、わからない。
ちなみに自分で図を描いてみたところ。ひどい。
ちなみに自分で図を描いてみたところ。ひどい。
紙に描いてもご覧のありさまで、さっぱりわからない。
であるからして、ここはひとつ、立体の模型を作ってみたらいいんじゃないか、と思ったのである。

そうだ、木製エスカレーターをつくればいいんだ

と、たったいま思いついたみたいに書いたが、じつはエスカレーターの模型を作ったひとは既にいて、ちょっと前にインターネットの世界で話題になっていた。
これがそちらの動画
すごい。すごすぎる。
私も作るぞ、と思ってじっくり拝見すると、まずステップ用のアルミを切るところから始まっている。無理である。金属って、え、切れるの?一般家庭で?
ほかにもあらゆるところが無理っぽかったので、こちらの動画を参考にさせてもらうのは3秒で諦めて、私なりの道を探すことにした。

まず、素材は木だ。本物だって、最初は木から始まったのだ。
もう何度も紹介しているが、ニューヨークのデパート、メイシーズにある木製エスカレーターである。何度みても、いいものはいい。
もう何度も紹介しているが、ニューヨークのデパート、メイシーズにある木製エスカレーターである。何度みても、いいものはいい。
希少性という意味では、木製のほうが圧倒的に価値も高いし私も好きだ。木だ。木のほうがいいにきまってる。
そして、この際、駆動は電動じゃなくてもいいことにしよう。手回し式で問題ない。なぜなら私はエスカレーターの構造をよく理解したいだけだからだ。

エスカレーターにはクリート(溝)が必要だ

この先人の模型で唯一不満な点があるとすれば、ステップにクリートが入っていないということである。
クリートというのは、どのエスカレーターのステップにも必ず入っている、あの溝である。すいこまれるときにうまくかみあってすごく気持ちがいいアレである。
木製エスカレ―ターにだってばっちり入ってる。
木製エスカレ―ターにだってばっちり入ってる。
金属も切れないくせに、いきなりディテールにこだわるなとお叱りを受けそうだが、エスカレーターの歴史的にこの溝は譲れない。なぜなら、この溝がないと、まっすぐ降りようとするときに吸い込まれて大変危険なので、最初のエスカレーターは横降り方式だったのだ。だから、まっすぐ降りるには絶対に溝が必要なのである。それに、見た目重視派としても、エスカレーターのエスカレーターらしさと美しさはこのクリートが担っているといっても過言ではないとおもうの。
以前、エスカレーター動画を公開したときに、エスカレーターが吸い込まれるところをもっと見たいという声があったので、期待にお応えして延々とエスカレーターが吸い込まれ続ける動画もつくってみた。溝ラブ。
さて、ではその溝をどうやってつけようか。木彫り? 彫刻刀で一筋一筋丁寧に…? 
わりと真剣に検討した後、私は運命の素材に出会ったのだよね。
それは、ダンボールだ!!!
それは、ダンボールだ!!!
皮を1枚はがせばほら!エスカレーターだ!!!
皮を1枚はがせばほら!エスカレーターだ!!!
そういう経緯なので、これからダンボールで作っていくことになるが、また手軽に安くすませたな、とか、例のダンボール工作の人気に乗っかったんだな、とか、思わないようにしていただきたい。それもあるが。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓