フェティッシュの火曜日 2013年1月22日
 

広さ2畳の川魚!タイで巨大淡水エイを釣る旅

世界最大級の川魚!
世界最大級の川魚!
学名:Himantura chaophraya,(ヒマンチュラ・チャオプラヤ)
現地名:プラークラベーン

タイの川には「世界最大の淡水魚」とすら称されるとんでもなく大きなエイが棲んでいるという。
海の魚というイメージの強いエイがなんと川にいる。しかも巨大なのが
それは川魚好きとしてはぜひ一度、釣っておきたい見ておきたい。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

あくまで研究のお手伝い

しかしよくよく調べてみるとこのエイ、現在絶滅の危機に瀕しているとして厳重に保護されており、勝手に捕まえることはできないという。
なんだ、現地に行く前からお手上げじゃないか。
そうあきらめかけていたところ、面白い情報が飛び込んできた。このエイについて研究を行っている現地の大学と提携し、研究のお手伝いという形で僕らのような一般人に捕獲(釣り)を体験させてくれるフィッシングガイドチームが存在するというのだ。
早速、僕はそのガイドチームと連絡を取った。
旅先で見る朝焼けとか夕焼けってやたら綺麗に感じるよね。
旅先で見る朝焼けとか夕焼けってやたら綺麗に感じるよね。
2012年の暮れ、僕はタイの玄関口であるバンコクの国際空港から車で2時間足らずの場所を流れる早朝のメークローン川にいた。
この船から釣ります
この船から釣ります
指定された桟橋へ向かうと、そこには2人のガイドたちと木造のボートが待機していた。
「船から釣るプランだよ」と事前に聞かされていたが、木造とは。
屋根も付いていて、乾季のタイの凶悪な日差しに肌を刺されずに済むのが嬉しい。
小舟を浮かべてのんびり川釣りか、僕の好きな素朴な釣りになりそうだ。

スケールがデカイ

そんな想像は大間違いであることはすぐに分かった。
ボート2台とスタッフ4人が追いかけてきた!!
ボート2台とスタッフ4人が追いかけてきた!!
先ほど紹介したメインボートに加え、サブボートが2艘、4人のスタッフを乗せてどこからともなく表れたのだ。
メインボートからは一人ずつしか竿を出せないので、この釣りは一人の釣り人を船三艘とスタッフ6人がサポートするというスタイルなのだ。そんなセレブな釣り、聞いたことないぞ。
岸沿いには水上家屋が建ち並ぶ
岸沿いには水上家屋が建ち並ぶ
何はともあれ、ボートに乗り込みポイントを目指す。
ニッパヤシが生い茂るマングローブエリアも。
ニッパヤシが生い茂るマングローブエリアも。
10分ほど走ったあたりでボートが止まった。ポイントに到着したようだ。
お寺の近くなんだけど怒られないかな…?
お寺の近くなんだけど怒られないかな…?
巨大魚の釣り場ということで、開けた河口付近か、あるいはもっと秘境めいた場所を想像していたのだが、全然違った。川岸にお寺やコテージがバンバン建ってる。
まあ人間が野生動物に抱くイメージなんてあてにならないよね。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓