フェティッシュの火曜日 2013年1月29日
 

4L(64センチ)の帽子を売る店

僕らにとっては夢のような店です
僕らにとっては夢のような店です
あいかわらず頭がでかい。店でかっこいい帽子を見かけるたびにかぶってみるが僕の頭に入る帽子はめったにない。

過去に2回、大きな帽子を探す記事でそのニーズの存在をアピールしてきたが、世間的にはまだまだ大きな頭には逆風である(頭が大きいから風の抵抗が大きいということではない)。

しかし、大きくてかっこいい帽子を扱う店を愛知県岡崎市で見つけたのだ。意外なところにエルドラドは、あった。

過去の大きな帽子の記事:大きな帽子をさがして 大きな帽子は岐阜にある
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

オーバー60トリオ

今回見つけたパラダイスに向かうのはこの3名。
・文房具コレクターで当サイトのライターも務めるきだてたく(61センチ)
・ライブハウス東京カルチャーカルチャー店長横山シンスケ(62センチ)
・林雄司(63センチ)
合計186センチ、どこに出しても恥ずかしくないでか頭グラマーである。行く電車のなかで Don't trust over 60 というユニット名も考えた。
左からきだて、横山、林。頭がでかいのに帽子が好きな3人
左からきだて、横山、林。頭がでかいのに帽子が好きな3人
きだてさんは当サイトに参加したのは昨年だが、僕はずっときっとこの人は仲間(頭が大きい仲間)じゃないかとにらんでいた。身体が目当てだったのね、みたいな話で申し訳ない。

きだてさんはバイクの免許をとるときに教習所にひとつしかない大きなヘルメットを奪い合ったという経験を持つ。

約束の地はろしなんて

今回の目的地はろしなんて、屋号がろしなんてで会社名が川口ぼうしだ。品川から新幹線と在来線、名鉄を乗り継いで3時間。たったの3時間で愛の国ガンダーラだ。

取り扱っているサイズは4Lまで。聞きなれないサイズ表記は間取りのようだ。4Lは64センチである。しかも熱中症予防とかスポーツの匂いがしない文化系のデザインが多いのが嬉しい。
帽子ろしなんて。夢の世界の入り口は一見普通である
帽子ろしなんて。夢の世界の入り口は一見普通である
ここが大きい帽子コーナー。写真に写ってる棚は一部でこの3倍の広さがある。こんな嬉しい氷山の一角はない。
ここが大きい帽子コーナー。写真に写ってる棚は一部でこの3倍の広さがある。こんな嬉しい氷山の一角はない。
嬉しいサイズ表記。僕はここに来るべくして来たのだと確信する。
嬉しいサイズ表記。僕はここに来るべくして来たのだと確信する。
帽子職人で社長の川口さん。
帽子職人で社長の川口さん。

大きいサイズの帽子のニーズは確実にある

大きいサイズの帽子が見つからないのでなんとかして欲しいという声に応えて大きいサイズ展開をはじめたそうだ。
しかも…
・小さいサイズを欲しいという人よりも大きいサイズが欲しいという人のほうが非常に多い
・12〜3年前からインターネットでの販売をはじめ、いまではネットでの注文の8割は大きいサイズ
など大きい頭の仲間の存在を感じる事実が続いて興奮する。
おれたちはひとりじゃない。全国に散らばった同士がいるのだ。
社長にインタビューしているあいだもさりげなく帽子を選ぶ横山さん
社長にインタビューしているあいだもさりげなく帽子を選ぶ横山さん
インタビューを録音した音声の遠くに「すぱすぱ入る!」というきだてさんの叫び声が入ってた
インタビューを録音した音声の遠くに「すぱすぱ入る!」というきだてさんの叫び声が入ってた
おれたちはひとりじゃない、と書きながらも同行したふたりは社長の話を聞くふりしながら帽子を選んでいる。完全にいまおれひとりだ。

大きい帽子ノウハウ

大きいサイズの帽子は頭のまわりは大きくしするが、つばは大きくしていない。つばも大きくしてしまうと帽子が巨大に見えて、でか頭をアピールすることになってしまうのだそうだ。
「見た目はあんまり大きく見えずに、かぶってみるとサイズだけ大きくなるように工夫してます」
だそうだ。4次元ポケットのような帽子だ。

周囲のほかにも深さも大事である。頭まわりが入るからと言って深さのない帽子をかぶると、乗ってるようになってしまう。中折れ帽の場合はてっぺんの本来凹んでいる部分が凹まなくなってしまうのだ。
図解・頭の大きい人は深さにも注意
図解・頭の大きい人は深さにも注意
凹んでいる例
凹んでいる例
乗っかっている例・悲しそうな顔が特徴
乗っかっている例・悲しそうな顔が特徴
ちなみに横山はハットの凹みがなくなってしまうのを避けるために、凹みをスプレーのりで固めたことがあるそうだ。
「ガビガビになっただけだった」
と言っていた。頭が大きいエピソードは悲しいながらもどこか笑える空気が漂うのだろう。ちょっと痔の話にも似てる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓