はっけんの水曜日 2013年1月30日
 

真夜中のタコ拾い

夜の浜辺にはタコが落ちているんだよ。
夜の浜辺にはタコが落ちているんだよ。
海の近くに住む友人から、「タコを拾いにいかないか」という誘いを受けた。

タコって、クリとかギンナンみたいに、落ちているものなのだろうか。

その誘いに乗って指定された夜の海岸にいってみると、確かにタコは落ちていた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「なめろうはさんが焼き以外にも化けられるのか」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

タコを拾いに夜の浜辺へ

友人曰く、タコが落ちている場所というのは、潮が引いて干潟が現れた夜の海岸らしい。集合時間は干潮の二時間前。

この海岸はとても遠浅で、砂浜に生息するイイダコという小型のタコが、海の水が引いたことに気付くのが遅れて、陸となった場所に取り残されているのだそうだ。酔っぱらって電車を乗り過ごしたサラリーマンみたいである。

そんなおっちょこちょいなタコを求めて、真冬の寒空の中、大人5人が集まった。内容のくだらなさに対して、なかなかなの出席率である。
この寒い中、私を含めて5人も集まった。
この寒い中、私を含めて5人も集まった。
このために巨大懐中電灯を用意しました。
このために巨大懐中電灯を用意しました。

タコの探し方

タコの探し方は大きく分けて2種類あるそうで、まずその辺に落ちているタコを探すという方法。

これはあまり確率は高くないのだが、酔っ払いが終電のなくなった駅のホームで寝ているように、タコが潮の引いた砂浜で寝ていたり、千鳥足で歩いているらしい。本当だろうか。

懐中電灯で照らしながら、延々とタコを捜し歩く。
懐中電灯で照らしながら、延々とタコを捜し歩く。
もう一つの方法は、タコのねぐらとなっている巻貝を探して、その中をチェックするという方法で、こっちがメインとなる。

タコといえばタコツボに入るくらいに狭い場所が好きなので、巻貝の中も当然大好き。結構な確率でタコが入っているらしい。

手ごろな巻貝を見つけたら、それはもうタコ拾いにおける「リーチ」なのだそうだ。

こういう巻貝の中にタコが入っているらしいです。
こういう巻貝の中にタコが入っているらしいです。
貝だけではなく、ビンやカンなどの人工物に入っていることもあるのだとか。
貝だけではなく、ビンやカンなどの人工物に入っていることもあるのだとか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓