はっけんの水曜日 2013年2月6日
 

県境コレクション町田市・麻生区編

道路の左側が神奈川県、右側が東京都
道路の左側が神奈川県、右側が東京都
デイリーポータルZで書かれる定番記事のひとつに県や市の境目を見に行く、というのがあって、過去、多くのライターがあちこちの境目に出かけている。

土地の変な境界、地図で見つけると居ても立ってもいられなくなる大人たち。 そんなわけで、今回は僕が気になっていた東京都町田市と神奈川県川崎市麻生区の境目を見に行ってみた。一部分だけ、まるでいたずらのように境界が複雑に入り組んでいるのだ。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「どっちがかっこいい?東名vs新東名の橋対決!」
人気記事:「麻雀漫画の宙に浮く牌を作る」


怒らないからこの線引いた人は手を挙げなさい

まずは今回見に行った場所を地図で見てください。きっと誰もが気になると思う。

大きな地図で見る
「むしゃくしゃしてやった、境界はどこでもよかった」
左上から右下に向かって斜めに引かれた点線が、東京都町田市と神奈川県川崎市麻生区の境界だ。

このあたりの東京と神奈川の県境は割と複雑な場所が多いのだけど、それにしてもこの部分の入り組みようはちょっと異様である。

こういう、ぐにゃぐにゃした境目はたいてい川だったりすることが多いけど、ここは拡大しても川らしい場所が見当たらない。いったいどういうところに県境が引かれているんだろう、と思って現地に行ってみたら「これが県境!?」と言いたくなるような場所がたくさんあったのでご紹介したい。
これから向かう場所を暗示するような屋根の形
これから向かう場所を暗示するような屋根の形

丘陵地帯を歩く

まずは上の地図で左上のあたり向かうべく、小田急多摩線の栗平駅で降りた。

ここは川崎市麻生区だけど、10分ほど歩けば県境にたどり着くはずだ。
駅前がいきなり坂だった
駅前がいきなり坂だった
すごく高低差のある街並み
すごく高低差のある街並み
駅を降りて歩きはじめると、もうそこらじゅう坂だらけだった。もともと尾根と谷が連なっていた場所が切り開かれて人が住みはじめたのだろう。

尾根の上を通る広い道からはずれて細い坂をくだり、谷に降りるとそこには川が流れていた。あたり前だけど、目の前の景色が地形のセオリー通りで少しうれしい。

橋を渡って、今度は反対側の尾根に登っていくのだけど、その道が薄暗い雑木林の中を通る細くて急な坂で、これはテンションが上がった。
なんだかものすごい色の川
なんだかものすごい色の川
こんな道自分の生活圏にない
こんな道自分の生活圏にない
薄暗い坂を登り切ってちょっとした農村地帯を抜けると、その先にはこんな光景が広がった。
サッカーグラウンドだ
サッカーグラウンドだ
あ!Jリーグのチーム!
あ!Jリーグのチーム!
目の前に奇麗に整備された巨大なサッカーグラウンドが現れた。その隣には見たことのあるマークが描かれた建物が。どうやらここはJリーグの川崎フロンターレの練習場らしい。

フロンターレと言えば、そのスポンサー、というか親会社はニフティと同じ富士通である。これは記事的にいい流れだ!

ところで、そのすぐ先で道がT字路になるのだけど、実はそこが県境だった。
あの道の向こう側は東京都(マウスオンで境界が出ます)

県境の道を歩く

まあ、道路が県境になっている場所は日本中にいくらでもある。まったく珍しくも何ともないのだけど、日本の首都である東京都と巨大都市・横浜を擁する神奈川県の県境にこんな場所もある、というのは少しおもしろいと思う。
東京と神奈川の県境がこんな細い道(マウスオンで境界が出ます)
地図ではこの道の上に線が引かれているけど、本当にこんな辺鄙な道が県境なのかと疑いたくなる。そう思って地面に注意しながら歩いていたら、一定間隔で境界標が埋められているのを見つけた。
道の真ん中に点々と埋められていた
道の真ん中に点々と埋められていた
ちなみにここも尾根の上を通る道で、視界の開けた場所から見ると特に町田市側は大きく谷になっていて、そこに住宅がびっしり立ち並んでいた。
「いくよー!アリーナー!」「わー!」(いちおうマウスオンでエリアが出ます)
そしてこんな道が続く(マウスオンで境界が出ます)
たとえばこの道の左側でひったくられたら町田警察署じゃダメなのだろうか
たとえばこの道の左側でひったくられたら町田警察署じゃダメなのだろうか
この水は向かいの家が燃えたときも使えるのだろうか
この水は向かいの家が燃えたときも使えるのだろうか
どんどん進むと道は下り坂になり、まわりも雑木林から住宅が建ち並ぶようになって、尾根から平地に降りてきた。ここまでは道路が県境の、だいぶ地味、という点を除けばふつうの境界だったけど、本題はここからである。

地図で言うとここまで来た。

大きな地図で見る
順調に道をなぞってきた県境がとつぜん狂ったように動きはじめる

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓