フェティッシュの火曜日 2013年2月12日
 

上海とハトのおもちゃ240個

ハトのおもちゃを買いに上海まで行ってきました
ハトのおもちゃを買いに上海まで行ってきました
上海に行ってきた。

初めての中国である。わずか4日の滞在だったが見るものすべてが珍しく、新鮮な経験だった。

インターネットで予想外の発想に対して、「その発想はなかった」と形容することが多いが、まさに「その発想はなかった」と思うことばかりだった。

僕が行った理由も「ハトのおもちゃを買う」という意外なものだったのだけど。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

時速430キロのリニアモーターカーが750円

なにから手をつけていいか分からないぐらいの経験だったのでまずは空港に着いてからの話からはじめる。

上海浦東空港からはリニアモーターカーが出ていた。50元(約750円)、日本の感覚では激安だが上海は乗り物すべてが安かったので高いほうに入る。時速430キロ。僕が乗ったときは夜だったので時速300キロだった。
写真を撮ってたら何人か分からないアジア人も写真を撮っていた。とんがった鉄道が好きなのはアジア共通である。
写真を撮ってたら何人か分からないアジア人も写真を撮っていた。とんがった鉄道が好きなのはアジア共通である。
今回のガイドをお願いした人から「想像と違う乗り心地だと思います」とのメールをもらっていた通り、揺れた。シュー、スパー!みたいな乗り心地ではなく、新幹線ぐらいには揺れる。

未来の乗り物なのに自由席というのも意外。飛行機のきっぷを見せると10元割引というのも映画の半券でドリンク無料みたいである。
あっというまに300キロである。
あっというまに300キロである。
300キロと言っても窓の外はよく見えないので、飽きた。
300キロと言っても窓の外はよく見えないので、飽きた。
ちなみにリニアモーターカーは空港から市街地まで結ばず、手前で終わっている。成田から津田沼まで直結!ぐらいの感じだろうか。

終点で止まったとき、運転席からトウモロコシを持った人が出てきた。車内で拾ったトウモロコシを持っていたのか、トウモロコシを食べながら運転していたのか。後者だとおもしろいのだがたぶん前者だろう。

きれいな場所とそうでないところの差がおもしろい

地下鉄を乗り継いで上海の豫園という地区に移動した。下町で観光地でお寺がある。浅草みたいな場所らしい。
浅草かと思ったら意外な景色。オリエンタル!(僕もアジア人だが)。
浅草かと思ったら意外な景色。オリエンタル!(僕もアジア人だが)。
ここで今回の上海を案内してくれるいんちき番長と合流。案内というか、いんちき番長がおもちゃを買いに行くのについて行く旅なのだ。
左がいんちき番長、右がダイナミックコグマ代表瀬高さん。写真が急に昼になるのは後日、昼に撮ったからである。次の写真からまた夜に戻ります
左がいんちき番長、右がダイナミックコグマ代表瀬高さん。写真が急に昼になるのは後日、昼に撮ったからである。次の写真からまた夜に戻ります
上海が予想以上にきれいであることを伝えると「じゃあもっと汚い場所を案内します」と言ってほんとにごちゃごちゃした路地に案内してくれた。
これぞ海外旅行の醍醐味、という景色。毛穴が開く。
これぞ海外旅行の醍醐味、という景色。毛穴が開く。
小さいミカンがやたらとうまい
小さいミカンがやたらとうまい
店頭にならぶ食材
店頭にならぶ食材
店頭のパックを店の人に渡すと
店頭のパックを店の人に渡すと
なんだか旨そうなものにして出してくれるシステム
なんだか旨そうなものにして出してくれるシステム
ごちゃごちゃした路地の店のごはんはうまかった。これぞ中華料理という濃い味つけと油。この見たことないビールもうまい!と思ったらサントリーだった。
薄くてうまい中国のサントリー。
薄くてうまい中国のサントリー。
店の人と馴染んでいるつもりだがぜんぜん馴染めてない僕
店の人と馴染んでいるつもりだがぜんぜん馴染めてない僕

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓