ひらめきの月曜日 2013年2月18日
 

すでに小盛がおかしい店

大きいのか小さいのかわからない
大きいのか小さいのかわからない
すごい量の大盛メニューを出す店が話題になることがある。明らかに尋常でない爆発的な量は、そのビジュアルだけでおかしな気持ちになる。

実際に目の当たりにしたい気持ちにもなるが、個人的にはとても食べ切れそうもない。それゆえ体感するには抵抗がある。

ならば、逆に小盛メニューならどうだろうか。その言葉の響きにそぐわないものを出す店を回ってみた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「タマゴのピクルスがおいしい」
人気記事:「逆にキツネをつまんでみた」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

量の秩序が崩壊

まずやってきたのは、神奈川県海老名市にある「博多どんたく」というお店。
「博んたく」ではない
「博んたく」ではない
看板からは正しい店名がわかる
看板からは正しい店名がわかる
看板にも「ラーメン・餃子」という表記がある通り、基本的には博多ラーメンを売りとしているお店のようだ。店内のメニューにも最初に書いてあるのは博多ラーメンである。
まず並ぶ博多ラーメンのバリエーション
まず並ぶ博多ラーメンのバリエーション
その隣に書いてあることがおかしい
その隣に書いてあることがおかしい
ラーメン類の隣にあるのはチャンポン。長崎の名物ゆえに九州くくりであるのはわかるが、括弧の中に書いてあることがおかしい。

チャンポンは2種類、「小・小・小」と「小・小」だ。

こうした店で「小盛」という表記を見かけることはしばしばあるが、「小」が重なるのは見慣れない。3つとなると見たことない。

「小・小」の方には「大盛」と書いてあるのもわからない。大小を表現するシステムが混乱している。今回は謎の大盛表記は回避することにして「小・小・小」を注文しよう。
チャンポン(小・小・小)
チャンポン(小・小・小)
やってきたのがこれだ。なんかおかしくないか。
やっぱりおかしい
やっぱりおかしい
角度を変えて見てみる。もう一度確認するが、これは小・小・小サイズなのだ。器のサイズも全く小さいわけでなく一般的なもの。
真横から見ても高さがある
真横から見ても高さがある
お店の方の話によると、以前は「小・小・小」と「小・小」の上に「小」「普通」「大」というラインナップがあったそうだ。それら3つはお客さんが残してしまうことが多いため、現在は下の2つのみのメニューとしているとのこと。
一緒に頼んだ博多ラーメンは安心の様相
一緒に頼んだ博多ラーメンは安心の様相
サイズ表記はそのままにしているため、見慣れないサイズバリエーションになっているわけだ。なるほど。

と、納得しそうになったが、それも違う気がする。

小・小・小チャンポンと合わせて注文した普通の博多ラーメンはあくまで普通の量。メニューがなんでもかんでも多い店ではなさそうだ。
密度も高い
密度も高い
麺を持ち上げようとしたが、なかなかスムーズに出てこない。麺の量がかなりありそうなのに加え、上に乗っている野菜の重さが合わさり、丼の中で全体がぎっしりしているのだ。

食べ始めてまず感じたのは、野菜部分の歯ごたえと香り。シャキシャキしていて、炒めてかすかに焦げた風味が香ばしいのだ。長崎で様々な価格帯のチャンポンを食べ比べる記事を書いたことがあるが、それを含めて比較しても味のレベルが高い。

チャンポンらしい色味のスープもなめらかで、使っていないであろうと思いつつ、ミルクが入ってるようなまろやかさがある。おいしい。

この「小・小・小」ちゃんぽんは800円。「小・小」は1000円で、麺も野菜も2倍になるという。それ以上のメニューが消えたのも納得の量。満足して完食したので、小さい方にしておいてよかったと思う。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓