フェティッシュの火曜日 2013年2月19日
 

ソデイカで作る巨大イカ料理

巨大イカ焼き!
巨大イカ焼き!
先頃、生きているダイオウイカの水中映像が撮影されて各所で大いに話題になった。ダイオウイカといえば誰もが知る深海の巨大なイカである。
しかしその映像史に残る成功の立役者として、もう1種類の巨大イカがいたことはあまり知られていない。ダイオウイカをおびき寄せる餌となった「ソデイカ」である。

今回はあえて、そのソデイカにスポットを当ててみたい。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

富山湾へ!

ソデイカとは食用イカの中では最大級の種で、体重は大きいものでなんと数十キロにも達する。
以前から生きている姿を見てみたいと思ってはいたのだが、シーズンが限られていることもあり、なかなかチャンスに恵まれなかった。
そんな折、東京湾の深海魚を釣る記事の取材で知り合った富山在住の釣りライターである小塚拓矢さんから、「富山湾にソデイカが集まってるから捕まえに来ませんか?」との連絡をいただいた。
あ、行きます。
夜の富山湾
夜の富山湾
なんでも、ソデイカは基本的に深海に暮らすイカなのだが、毎年ある時期になると近海の浅場に浮いてくるらしい。
さらに盛期には水面を漂っているところを富山湾の堤防からタモ網で掬ったり、釣り鈎で引っ掛けたりして捕まることができるという。
水面を照らして巨大イカを探す
水面を照らして巨大イカを探す
特に夜間に見つかることが多いそうなので、土地勘のある小塚さんに案内されて夜の堤防を歩く。
しかし、この晩は夜釣りにいそしむ方が多く、軽々しく水面を照らすことができない。彼らの邪魔になってしまうからだ。タイミングが悪かった。ここは一旦あきらめよう。
一転、深海へGO!
一転、深海へGO!
岸から捕れないなら沖へ出てしまえ!というわけで堤防歩きの後日、釣り船に乗って深海を泳ぐソデイカを探すことに。
富山湾は急激に深くなるため、岸からほんの少し走るだけで深海に釣り糸を垂らすことができるのである。関東在住のものとしては大変うらやましい環境だ。

ここで同船者に「今日は天気がいいから立山連峰がはっきり見える。平坂さん運がいいですね。」と言われたが、一瞬何のことだかわからなかった。山?雲しか見えないんですけど・・・。
釣竿の向こうには雪化粧の立山連峰を望む。釣りをしている間、ずーっと雲だと思っていた。
釣竿の向こうには雪化粧の立山連峰を望む。釣りをしている間、ずーっと雲だと思っていた。
あ、違う。雲だと思っていたのは雪で頂が白くなった山々だったのだ。どうりで冬の雲にしては妙な形だと思った。
しかし水深1000メートル近い海上にいるのに陸が見えてしまうことに、どうしても違和感を覚えてしまう。
僕にとって初めての日本海は巨大イカに出会う前から驚きの連続だ。

疑似餌が巨大

ところで、イカ釣りには「スッテ」と呼ばれる疑似餌を用いる。ソデイカ釣りも例外ではないのだが…。
普通のイカを釣るためのスッテという疑似餌
普通のイカを釣るためのスッテという疑似餌
こちらがソデイカ用のスッテ。普通のスッテと比べるとあまりにも凶悪なサイズだ。
こちらがソデイカ用のスッテ。普通のスッテと比べるとあまりにも凶悪なサイズだ。
とんでもなくデカい。普通のイカ釣りに使うスッテがおもちゃのようだ。これは釣れるイカ自体の大きさもさぞ凄まじいのだろうと想像がつく。
巨大疑似餌を沈めて釣り開始!
巨大疑似餌を沈めて釣り開始!
ポイントに到着すると、巨大なオモリでスッテと集魚灯を水深200メートルに沈めて巨大イカ釣りの始まりである。
この日は僕を含めて5名の釣り人が船に同乗していた。よーし、僕が真っ先に釣ってやるぞ!
釣れない。
釣れない。
が、数時間に渡ってイカからの反応は無し。
無駄に気合が入っている人ほど、一人で空回りして釣れない。釣りなんて往々にしてそんなものである。
自分で釣れなくてもせめて姿は見たい!お願い、誰か釣ってください!!
「あっ、掛かりましたよー!」
「あっ、掛かりましたよー!」
そう思っていると、背後で釣りをしていたSさんが気持ちよく竿を曲げている!
しかも結構な大物らしく、20分近くも格闘している。これは期待できる!!
真っ赤な大イカが海面に浮いてきた!
真っ赤な大イカが海面に浮いてきた!
「うおおお!」「デカい!」「何だこれ!」船上はイカのシルエットの大きさに驚く声に包まれる。
巨体にギャフを打ち込む!勝負あった!!
巨体にギャフを打ち込む!勝負あった!!
ソデイカを船上に取り込む際には、「ギャフ」という頑丈な鉄の手鉤を突き立てて引き上げる。もうタモ網を使うとかいう次元ではないのだ。
ちなみにこの時、水中でスミをすべて吐き出させることがこの釣りでは肝要であるという。それをしないとどうなるかは後ほど明らかになる。
10キロもある立派なソデイカ!
10キロもある立派なソデイカ!
揚がってきたのは片手では持ち上げるのが難しいほど大きなソデイカだった。
しかし、この日お世話になった船頭さん曰く、「重さで言えばその倍くらいにはなるよ。」とのこと。この倍といえば20キロか・・・。とんでもない世界だな。
うわあああ!重い!」「頑張れー、しんかい君!最後まで一人で釣り上げるんだぞ!」
うわあああ!重い!」「頑張れー、しんかい君!最後まで一人で釣り上げるんだぞ!」
続いて地元の釣り好き少年「しんかい君(本名)」が竿を曲げる!
彼は「名前がしんかいなんだから、深海釣りくらい経験しとけ!」と小塚さんが誘ったらしい。

数十分に渡る戦いの末、海面にソデイカの姿が見えた!しんかい少年も初めての大物にヘトヘトだ。すぐに楽にしてあげようと周りの大人たちが速やかにギャフを打つ。そこまでは良かったのだが、焦ってイカの顔がこちらを向いたまま急いで船に引き上げてしまった。
惨劇の幕開けである。
釣られて盛大にスミを吐くソデイカ。NHKなら撮ろうとも思わないであろう決定的瞬間だ。
釣られて盛大にスミを吐くソデイカ。NHKなら撮ろうとも思わないであろう決定的瞬間だ。
やったっ!やりやがったっ!抜群のタイミングで船上に向けてイカスミを発射するソデイカ。
引き上げる前に十分にスミを吐かせていなかったのが原因だという。
みんなドロドロに汚れながらも楽しそう(船頭さん以外)。
みんなドロドロに汚れながらも楽しそう(船頭さん以外)。
さすがソデイカ。巨体に蓄えているイカスミの量も尋常ではない。船上は大騒ぎだ。阿鼻叫喚、というには笑い声が多いが。
船も備品もイカスミまみれ。
船も備品もイカスミまみれ。
船上を派手に汚された船頭さんも「これ洗ってもなかなか落ちないんだよー!?」と苦笑い。本当にごめんなさい、と一同。
釣り上げた本人以上にはしゃぐ大人たちに若干あきれ気味のしんかい君。
釣り上げた本人以上にはしゃぐ大人たちに若干あきれ気味のしんかい君。
こちらのソデイカも大きい!こんな大物を深海から引き上げるのは相当な体力を使うに違いない。少年の頑張りを船上の皆が我がことのように喜ぶ。もう汚れなんてどうでもいい。むしろ勲章のように思っているに違いない。
富山の港で日常的に見られる(?)光景。北陸のポテンシャルが恐ろしい。
富山の港で日常的に見られる(?)光景。北陸のポテンシャルが恐ろしい。
さらにその後小型の個体(それでも5キロ!)を1パイ追加して帰港した。
よーし、さっそく食べよう!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓