はっけんの水曜日 2013年2月20日
 

重さにいちばん強い漢字はどれだ

これだと中に入っている補強は役に立たなそう
これだと中に入っている補強は役に立たなそう
ある日、高いところにある物を取るための踏み台に乗って作業をしていた。その踏み台は木の板と棒を組み合わせて誰かが手作りしたもので、それほど頑丈そうには見えないけど、足元でしっかりと僕の体重を支えていた。

作業が終わって改めて踏み台を見てみると、踏み板とそれを支える柱の間に斜めに筋交いが入っていて、それによって上からの不安定な力に耐えられるようになっているようだった。ちょうど、横から見ると漢字の「四」のような形をしていた。

そのときに思った。上からの力にいちばん強い漢字はなんだろうと。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

漢字を立体で作る

読み方や書き方の難しさ、由来などといった、これまでの漢字トリビアとはまったく違う見方、上からの力に対する強さ。それも「不屈」とか「闘志」といった理論的なものではなく、物理的な壊れにくさを調べたい。

そのために、板を切り出して漢字の形に組み立て、上に重りを乗せて調べることにした。

作る漢字は、下面が平らで自立でき、上に安定して物を乗せられるような形のものを10文字ピックアップ。簡単な設計図を書き、必要な材料を割り出して切り出した。
どの漢字にどのサイズの板が何枚必要かを調べる
どの漢字にどのサイズの板が何枚必要かを調べる
漢字の設計図を書く日が来るとは思っていなかった
漢字の設計図を書く日が来るとは思っていなかった
切り出された漢字のパーツたち。ちなみに板の表面が黒く塗装されているのはその辺にあった廃材を使ったから
切り出された漢字のパーツたち。ちなみに板の表面が黒く塗装されているのはその辺にあった廃材を使ったから
ではさっそく組み立てていこう。

ちなみに板の大きさは最大で縦横9cm、厚さは3mm。組み立てはボンドを使うことにした。
ボンドでパーツを貼り合わせていく
ボンドでパーツを貼り合わせていく
まるでパズルのようにパーツを探して組み立てていくのは楽しい。しかもでき上がるのは立体的な漢字だ。今まで経験したことのない作業に時間を忘れ、真夜中まで没頭して10個の漢字が完成した。
たとえばこれらの板からどんな漢字ができるかと言うと
たとえばこれらの板からどんな漢字ができるかと言うと
長さの違う板をくっつけてL字のパーツを2組作り
長さの違う板をくっつけてL字のパーツを2組作り
もう1枚板を貼ると「北」っぽくなったがまだ途中
もう1枚板を貼ると「北」っぽくなったがまだ途中
さらにいくつかの板を組み合わせるともう分かりますね
さらにいくつかの板を組み合わせるともう分かりますね
底板を貼って「西」の完成!
底板を貼って「西」の完成!
それでは、次ページで完成した漢字を1文字ずつ見てみよう。
重ねたらアジアン雑貨屋で売ってる民芸品ぽくなった
重ねたらアジアン雑貨屋で売ってる民芸品ぽくなった
小物入れとしてちょっとオシャレな気もする
小物入れとしてちょっとオシャレな気もする

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓