ロマンの木曜日 2013年2月21日
 

トイレの博物館「TOTO歴史資料館」に貴重な便器をみにいく

歴史的に貴重な便器がずらりと並ぶ
歴史的に貴重な便器がずらりと並ぶ
胃腸が弱く痔も悪いので、トイレにこもることが多い。

トイレの中でなかなか思い通りの結果が出ず、冷や汗を流して苦しみながらうーんと唸っているときも、「紙が必要なかった!」というような絶好調なときも、いつでも便器はぼくのそばに寄り添い、しっかりとぼくの気持ちと結果を受け止めてくれている。

いわばぼくにとって生涯の伴侶のような便器を展示した資料館が北九州にあるという。

これは見学せずには居られない。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

TOTOの工場見学と衛生陶器の資料館に行ってきた

出勤ラッシュに混じって中にすすむ
出勤ラッシュに混じって中にすすむ
TOTOの工場は小倉駅からバスで10分ほどのところにある。最寄りのバス停で降りてから、工場の敷地内をさらに歩く。とにかく広い。
うわー、なんかすみません!
うわー、なんかすみません!
案内所のような場所に通されると「ライター西村様」とでかでかと書いてあり、恐縮してしまう。
丁寧な語り口の鈴木さん
丁寧な語り口の鈴木さん
工場を案内してくださったのは、レストルーム事業部の鈴木さん。
創業の意気込みがすごい
創業の意気込みがすごい
見学者用の応接室に通されると、まずはTOTOの会社についてのスライドを見せてもらった。
スライドによると、TOTO株式会社の前身となる「東洋陶器株式会社」が設立されたのが1917年。小倉(北九州)の工場もそのときに建設された。

なぜ小倉なのか

北九州といえばTOTO
北九州といえばTOTO
現在では、日本各地にTOTOの工場はあるが、なぜ最初に工場を建設したのが小倉だったのか? 鈴木さんにきいてみた。

--どうしてこの小倉を選んで工場が作られたんでしょう?
「そうですね、創業当時から輸出することを目標としてましたので、関門港という貿易港が近いからという点がまずあります」


輸出するため。であれば横浜や神戸といった貿易港に近い場所でもいいのではないかと、ぼくは考えてしまう。しかし、そこは素人の浅はかさで、さらに重要な理由があった。

「さらに、天草陶石など陶磁器の良質な原料が採れる場所が近かったというところです」

衛生陶器の原料となる石は、そのもの自体はそんなに高いものではないため、輸送費がほぼそのまま価格に反映されるのだそうだ。したがって、原料の生産地と工場は近ければ近いほど安くすむ。
ちなみに、TOTOの他に衛生陶器のメーカーとして有名なINAX(現LIXIL)が、焼物で有名な愛知県の常滑市にあるのはそのためだ。

「そしてもう一つ、陶器をつくるさい窯で焼くわけですが、当時燃料として使っていた石炭がこのあたりで豊富に採れるというのも重要でした」

そしてもう一つは燃料であった。
以上の点を考えると、北九州はTOTOの工場ができるべくして出来たとしか言えないほど絶好の立地だったのだ。

なぜ陶器なのか?

TOTOはむかし食器も作っていた
TOTOはむかし食器も作っていた
ところで、便器をはじめ衛生陶器はなぜ陶器なのか? 列車のトイレなどでよく見かけるステンレスの便器などがもっと使われてもいいのではないか? 鈴木さんに聞いてみた。

--便器って陶器がほとんどですが、どうしてなんでしょう?
「ステンレスや金属って拡大すると、実は表面がザラザラしてるんですよ。ですから汚れが落ちたように見えても、すこし残ってたりするんですね。で、それが原因で汚れや悪臭の原因になったりするんです」

--陶器の表面は汚れにくいということですか?
「そうですね、陶器の表面はガラス質なので汚れが付きにくいんです。それにガラスは品質が安定していて1000年以上もつと言われています」

列車の便器は振動で割れたり、異物を入れられる可能性も考慮してステンレス製となっているらしい。

「あとは、ガラス質は親水性なので、油分を含んだ汚れに強いんです。ほら、食器を洗うとき、ガラスのコップの油汚れはすぐ落ちるけど、タッパーなどは落ちにくいですよね?それと同じです」

ひとの汚物は油分が多いため、樹脂製の便器だと汚れがきれいに落ちにくい場合があるのだ。

聞けば聞くほど、便器の素材は陶器しかない。という気持ちが確信に変わってくる。便器は陶器で作られるべくして作られている。間違いない。もう陶器製便器の虜である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓