土曜ワイド工場 2013年3月2日
 

日本海の波の花でヒゲを剃る

日本海の自然現象でヒゲを剃ります!
日本海の自然現象でヒゲを剃ります!
アゴや頬などに生える毛「ヒゲ」。これを剃るために使うのが「シェービングフォーム」である。シェービングフォームとは白い泡のようなもので、これを使うことでスムーズにヒゲを剃ることができる。

そんなシェービングフォームと似ているものがある。「波の花」である。冬の能登の風物詩と言われるもので、波が高く寒さが厳しい時にだけ出現する白い泡。ということで、この波の花でヒゲを剃ってみたいと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

ヒゲと波の花

我々はヒゲを剃る時、「カミソリ」と「シェービングフォーム」を使う。ヒゲを実際に剃るのが「カミソリ」で、その作業を円滑に進めてくれるのが「シェービングフォーム」である。白い泡のようなもので、これ使わなければヒゲ剃りは非常に不便なものになる。
我々のヒゲ剃りはシェービングフォームに支えられている
我々のヒゲ剃りはシェービングフォームに支えられている
シェービングフォームは、ヒゲを剃りやすくし、また剃刀負けを防ぐなど肌への負担を軽減してくれる働きがある。我々のヒゲ剃りという作業は白い泡であるシェービングフォームに支えられていると言っても過言ではない。
ヒゲ剃りとはシェービングフォームである
ヒゲ剃りとはシェービングフォームである
しかし、我々はシェービングフォームに頼りきっていていいのだろうか。何が起こるのか分からない世の中だ。大量発生したイナゴが田畑を食べ尽くすように、急にシェービングフォームがなくなる可能性だってなくはない。そのようなことが起きれば我々のヒゲ剃りは困難を極めるだろう。そんな時に焦らないように備えておく必要があると思うのだ。
そこで波の花です!
そこで波の花です!
波の花とは、海中に浮遊する植物性プランクトンの粘液で生成された石鹸状の白い泡のこと。冬の能登の風物詩と言われ、厳寒の荒波によって生まれるものらしい。ポイントは白い泡。シェービングフォームと一緒ではないかと思う。共に白い泡なのだ。
波の花でもこんな風にヒゲが剃れるはず! 白い泡だから
波の花でもこんな風にヒゲが剃れるはず! 白い泡だから
また最近のシェービングフォームには肌の負担をさらに減らすために、海藻エキスが入っていたりするそうだ。波の花なら海藻エキスどころか、いろいろなエキスが入っていると思われる。そのエキスの元である海藻がある場所でできた泡なのだから。さらに波の花の元は植物性プランクトンの粘液。特に根拠はないが植物性ってなんだかいいイメージがある。だから波の花でも問題なくヒゲが剃れると思うのだ。
ということで、日本海に向かいます!
ということで、日本海に向かいます!

ヒゲを剃りに日本海へ!

ヒゲを剃りに深夜バスで石川県の能登に向かう。最終目的地は能登の中でも奥能登に属する輪島市にある曽々木海岸。ここが波の花スポットらしいのだ。新宿から金沢、金沢から輪島、輪島から曽々木と3本のバスを乗り継ぐ移動となる。東京を23時に出発して到着するのは翌12時。出発した頃に生まれた子鹿はもう走り出しているかもしれない。
朝、バスのカーテンを開けると雪景色!
朝、バスのカーテンを開けると雪景色!
乗客の少ない深夜バスに乗り込み、寝苦しい夜を過ごし、朝方眠い目をこすりながら外を見ると雪景色。東京では雪は降っておらず、随分遠くに来たものだ、と実感する。それと同時にこの雪景色の中、私はヒゲを剃るのかと今更ながら驚いていた。きっと寒いだろう。
金沢駅に到着(2時間半で来れるようになるらしい。今回は8時間くらいかかった)
金沢駅に到着(2時間半で来れるようになるらしい。今回は8時間くらいかかった)
さらにバスに乗る
さらにバスに乗る
金沢駅からは輪島に向かうバスに乗る。外で乗り換えのバスを待つ間に、きっと寒いだろう、ではなく間違いなく寒いだろうという結論に行き着いた。東京も寒いが石川の寒さはその上を行く。海辺はもっと寒いはずだ。
バスから曇天の日本海が見えた
バスから曇天の日本海が見えた
東京在住の私は石川を寒いと感じたが、石川の人にとってはこのくらいの寒さは普通なのかもしれない。そう思っていたら、この日の夜のニュースで、「今日は寒かったですね」と地元女性アナウンサーが感情たっぷりに言っていた。寒さに慣れている石川の人が寒いと感じる寒さ。昼間なのに温度計は「0度」を示していた。ヒゲ剃り日和というものが存在するかは知らないが、もしあれば今日ではない気がする。
0度!
0度!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ