ひらめきの月曜日 2013年3月4日
 

絶品、干しプリン

干してうまくなるお菓子はあるのか。
干してうまくなるお菓子はあるのか。
先日、冷蔵庫の奥でからからに干からびたマシュマロを見つけた。

食べてみるとこれが独特の食感でうまいのだ。いや、もしかしたらうまさとは別かもしれない。新しい、とでも言おうか。とにかく興味深い食感だった。

この一件をきっかけに考えた、もしかしたら干してうまくなるお菓子、というジャンルが存在するのではないか、と。

いろいろ干してみました。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

きっかけはバレンタイン

冷蔵庫の掃除をしていたら干からびたマシュマロが出てきた。バレンタインデーに妻と娘が作ったやつだ。おそらく余ったけど捨てるには忍びない、ということでそのままとって置かれたものだろう。
マシュマロにチョコ、そしてちょっとしたデコ。マシュマロ部分はすでに干からびている。
マシュマロにチョコ、そしてちょっとしたデコ。マシュマロ部分はすでに干からびている。
ちなみにこのチョコマシュマロ、僕はもらっていない。

今うかつにすごい深い闇を見せてしまったような気がするのだが、そこは僕の中ですでに折り合いがついているので先に進みたいと思う。

このマシュマロを(もらえなかった)僕は、何の気なしに一つ食べてみたのだ。

……むぐむぐ

…!

うまい。

干からびたマシュマロは硬めのグミくらいの弾力があり、しかしいったん歯が入ると内部ではやわらかさを保っていて、これは意外な食感だった。

とはいえ味はほとんど同じである。若干甘さが凝縮されたような気もするが、単純に水分が抜けたおかげだろうか。なにしろ食感が独特なことが「うまい」という感覚につながったのだと思う。

これ、他のお菓子にも当てはまらないだろうか。干して美味くなるお菓子が見つかれば、それは発見であろう。父としての面目も保たれ、来年は干からびる前にチョコをもらえるかもしれない(けっこう引きずっています)。

いろいろ干してみる

というわけで主に水分の多そうなお菓子から、いろいろ選んで干してみることにした。
ゼリー各種。
ゼリー各種。
まずはカップ入りゼリー各種。

果汁の入ったゼリーとこんにゃくゼリーである。このまま干して水分を飛ばせばグミみたいにになるんじゃないかと期待している。以前当サイトでもグミは干した方がうまい、という結論を発表しているが、これはさらにさかのぼってゼリーを干してみる実験である。絶対うまくいく気がする。

しかしどうやって干すか、だ。

今回、お菓子を干すにあたり干物などを作るための「干し網」を使用した。まずはその干し網を見てほしい。
こんなにコンパクトなのだ。
こんなにコンパクトなのだ。
これがバッグから出すとバネの力で勝手に広がって。
これがバッグから出すとバネの力で勝手に広がって。
一瞬でこの形になる。感動。
一瞬でこの形になる。感動。
久しぶりに干し網を使いたくて新しいものを買ったのだが、ものすごい進化していて驚いた。

こういうニッチな商品ですら常に改良がなされているのだ。人類の可能性は無限大である。

うっかり干し網を見つめて人類の未来を想像してしまったが、そんなすばらしき干し網を使って、今日はゼリー各種を干してみることにする。
いい天気です。
いい天気です。
ゼリー各種に加え、羊羹も干してみた。
ゼリー各種に加え、羊羹も干してみた。
ちょうど天気も冬晴れ、ゼリーを干すには絶好の気候である。果たして、干してうまくなるお菓子は見つかるだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓