土曜ワイド工場 2013年3月16日
 

痛くても美味いバゲット調べ

痛くても食べたいバゲットはどれだ。
痛くても食べたいバゲットはどれだ。
小麦粉がものすごく好きだ。うどんやパスタは大好物だし、お好み焼きなら毎日でも食べられる。パンも全般的に美味い。ただ唯一、今まで苦手にしてきた小麦粉食がある。バゲットだ。
口中の粘膜が弱いのか、とにかく硬いバゲットをかじると口の中が傷ついてすぐ血まみれになるのだ。上あごの辺りとか。
しかし、口が傷だらけになるのが避けられないのであれば、せめてダメージを受けてなお食べたいぐらい美味しいバゲットが食べたいのだ。美味いバゲット、どれだ。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「新しいふせんを考える」
人気記事:「フクロウカフェがかなり来てる」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

バゲットを食べ比べに来ました

ということで、無料の公開講座を提供している市民大学『シブヤ大学』で、バゲットを食べ比べる『みんなで、利きバケット!』という授業をすると聞き、お邪魔してみた。
廃校になった原宿中学校の校舎を再利用した施設が会場。
廃校になった原宿中学校の校舎を再利用した施設が会場。
入った瞬間にもうパン屋気分。
入った瞬間にもうパン屋気分。
元中学校の家庭科室に案内されると、すでに室内はパン屋の前を通りかかった時の、ある種暴力的なまでに美味しそうなあの匂いで充ちている。
時刻は14時。事前に「お腹を減らして参加してください」と言われていたので、朝食も抜いているうえに、この匂いだ。この時点でもう口の中のダメージなんかどうでもいいから食べさせてくれ、という気持ちしかない。
今回の講師、平岩高弘さん。
今回の講師、平岩高弘さん。
バゲットの前で笑顔のダンディが、今回の『利きバゲット』の講師の一人、平岩高弘さん。
古くからデイリーポータルZファンの方はもしかしたら見覚えがあるかも知れないが、実は平岩さんはデイリーポータルZをウェブマスター林さんと運営していた元ニフティ社員だ。
いまは別の会社でお勤めだが、ニフティに居た時は、自前で材料を買い込みバゲットサンドを作って職場で振る舞うという、趣味の給食業者のようなことをしていた人である。
現在はその趣味をさらにつきつめて、「Baguette Life」というバゲット情報サイトも運営されている。
パン作りのプロ、田中みなみさん。
パン作りのプロ、田中みなみさん。
平岩さんが食べる側の講師として、もうおひとり、パン技術研究所を出てパン教室を主宰されている田中みなみさんも、パンを作る側の講師としていらしていた。

パン気分盛り上がりまくり

ここにいる全員、空腹とパンの匂いで微妙にそわそわしてる。
ここにいる全員、空腹とパンの匂いで微妙にそわそわしてる。
利きバゲットの受講生20名が席に揃う頃には、机の上のバゲットその他諸々も準備が整っていた。
見た目もサイズもかなり違うバゲットが5種類。平岩さんが厳選したバゲットの美味しい店5件から当日の朝に調達してきた、そりゃもうどう見たって美味いだろうというものばかりだ。
空腹時には辛抱たまらん写真その1。
空腹時には辛抱たまらん写真その1。
辛抱たまらん写真その2。美味そうだが、トゲトゲ部分が結構な凶器にも見える。
辛抱たまらん写真その2。美味そうだが、トゲトゲ部分が結構な凶器にも見える。
AからEまで5種類。見た目も違うが匂いも違う。早く食べ比べたい。
AからEまで5種類。見た目も違うが匂いも違う。早く食べ比べたい。
他には、エビやチーズ、オリーブオイルなど、バゲットと一緒に食べたい食材ベスト5にランクイン確実な魅惑のアイテムが。
このままではそろそろ人間としての尊厳が…的な空腹を抱えたままだが、まだ食べられないのだ。まずはバゲットの基礎知識講座から、である。
ところで、この時のメモを読み返したら、取材中であるにもかかわらず「空気読め」と書き殴ってあった。よほど空腹だったらしい。
バゲットの詳細説明。
バゲットの詳細説明。
このクラスト野郎が口の中を傷つけるのか。(空腹で気が荒い)
このクラスト野郎が口の中を傷つけるのか。(空腹で気が荒い)
スライドでバゲットの名称説明などを説明していただく。クラストが皮の部分で、中の白いふっくらしたところがクラム。クラストのひび割れがクープ。これだけ知ってるだけでもそこそこバゲット通になった気分である。
フランスパンの名称はサイズで決まるので、たとえばバゲットより細ければフルートやフィセル(ひも)という呼び方になり、太ければバタール(中間)やパリジャン(パリッ子)になる、というのも初めて知った。
ところで、僕が最も気になるのはサイズよりもパンの硬さである。
硬ければ硬いほど口の中でささくれてダメージを与えるはずなので、それをなんとかして数値化できないものかと思うのだ。
「パン硬度8かー。もしかしたら怪我するかもなあ」とか「おっ、このパンは硬度3か。それなら気軽にかじれるぞ」とか購入の目安になるではないか。

…という話を基礎講座の最中にぶつけてみたところ、やはり平岩さんも同じようなことを考えたことがあるとのことで、硬さを計測する用の道具をすでに購入されていた。
これが硬さ計測機
これが硬さ計測機
この計測器の先をパンに突き刺し、クラスト(皮)を貫通した時点での力を計測すれば表面の硬さを数値化できるではないか、というアイデアだ。
ただ、パン自体が基本的に柔らかいので、皮を貫通しないままにずぶずぶと計測針が沈み込んで上手に計れなかったとのこと。残念だ。
サイズはノギスで計る。この見た目は食べ物じゃなくて建材っぽい。
サイズはノギスで計る。この見た目は食べ物じゃなくて建材っぽい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓