土曜ワイド工場 2013年3月16日
 

痛くても美味いバゲット調べ

俺より強いバゲットに会いに行く

各種チェック項目。上記に加えて人体への攻撃力も確認しつつ食べたい。
各種チェック項目。上記に加えて人体への攻撃力も確認しつつ食べたい。
座学を終えたら、いよいよ実食である。
ただ食べるだけでは利きバゲットにならないので、講座側で準備していただいたチェックシートに感想や情報を書き込みながらいただく。
まずは食べる前に「見た目の印象」、「クラストとクラムの感じ」などを5段階でチェックする。
まだ食べられないのに、すごい勢いで手が伸びた。
まだ食べられないのに、すごい勢いで手が伸びた。
平岩さんから「じゃ、まずは手触りでクラストの硬さなどチェックしてください」と言われた瞬間、参加者全員がけっこうな勢いで中央のバゲットに手を伸ばした。食べられないのであればせめて感触だけでも、という気持ちなんだと思う。少なくとも僕はそうだった。

次のチェック項目ようやくお待ちかねの、食べてみての評価ポイントだ。
ザクザクと等分作業。高まりまくる期待感。
ザクザクと等分作業。高まりまくる期待感。
あっという間に分断されるバゲット。
あっという間に分断されるバゲット。

決戦の火ぶたは切られた

これが対戦相手だ。
これが対戦相手だ。
無事にカットも終わり、それぞれ5種類のバゲットが配られた。
他の参加者の皆さんはテンションも最高潮だが、僕一人だけが微妙に緊張している。空腹と匂いですっかり忘れていたが、だってこれ食べたら口の中がすごく痛くなるに決まっているのだ。
怪我するのはすでに確定事項なので、あまり晴々ともしていられないだろう。食べるけど。ものすごく美味しそうな匂いがしてるし。

あと、すごく申し訳ないので先にお詫びしておきたいが、ここからしばらくスクロールし続けても、おっさんがおっかなびっくりパンをかじってる写真しか出てこない。本当に申し訳ない。
再度言っておくが、僕は本当に口の中のダメージに弱いのだ。他の参加者の皆さんは美味しそうにサクサク食べておられたので、普通はそういうものだと思う。
やがて来る痛みに対する恐怖で明らかに腰が引けている。
やがて来る痛みに対する恐怖で明らかに腰が引けている。
Round A Fight !
覚悟を決めてかぶりつきます。
覚悟を決めてかぶりつきます。
ちょっと痛いけど、わりと大丈夫!そして美味い!
ちょっと痛いけど、わりと大丈夫!そして美味い!
Aのバゲット、思っていたほどは硬くない!クープ(ひび割れ)の部分で少し上あごを削った感じだけど、さほどダメージはない。
あと、中がしっとりもっちりしていて、かなり食べやすい。空腹なのはもちろんあるだろうが、するするといくらでも入りそうな味。いきなり美味しいのに当たった感じだ。
Round B Fight !
さっきよりは気楽にかじれるようになりました。
さっきよりは気楽にかじれるようになりました。
あ。痛い。いまぜったい口の中切った。
あ。痛い。いまぜったい口の中切った。
いやでも美味い美味い。これすごい美味いって。
いやでも美味い美味い。これすごい美味いって。
BのバゲットはAよりも少しザクっと硬い。あと、クラストのざらざら感が強い。その分だけ攻撃力も強いのだろう。あきらかにAより痛い。
しかし、それもすぐ気にならなくなるぐらい美味い。クラムはふっくらしてるし、なにより小麦粉の味と香りの強さにビックリした。これはバターとか塗らずにそのまま食べたい美味さだ。
Round C Fight !
どう見ても「痛いの怖い」という顔だ。
どう見ても「痛いの怖い」という顔だ。
ふんふん、さっきぐらいの痛さだな(ちょっと慣れた)
ふんふん、さっきぐらいの痛さだな(ちょっと慣れた)
硬さに関しては、このCのバゲットの方がBよりも上。が、普通のバゲットより細めサイズなのが有効だったのか、口中のダメージはそんなでもない。あと、表面がちょっとなめらかなのも食べやすい。
クラストの部分が特に味が濃い感じ。カリカリサクサクしていて、この食感が好きな人はたまらないんじゃないだろうか。
Round D Fight !
Dのバゲットは最初から刺さりそうでだいぶ怖かった。
Dのバゲットは最初から刺さりそうでだいぶ怖かった。
予想通りの激痛。気分的には「香ばしいやすり」を食べてる感じ。
予想通りの激痛。気分的には「香ばしいやすり」を食べてる感じ。
Dのバゲットは見た目通り、香ばしさ優先の味わいだった。C以上に硬くてザクッとした歯応えで、ここまでくると僕は正直あまり好きではないタイプだった。
Round E Fight !
最後の一つということで、もう痛いのはしょうがないという諦観。
最後の一つということで、もう痛いのはしょうがないという諦観。
ラストに来た!超痛いけど超美味いヤツ!
ラストに来た!超痛いけど超美味いヤツ!
クープが激しく割れてないので油断していたが、表面の硬さはこれが一番だった。それに対してクラムの柔らかさもこれが一番だったので、噛むごとにパリパリしたクラストが硬くて薄い刃みたいになって口中で暴れまくった。主に上あごがダメージ甚大。あと、舌もちょっと傷がついたっぽい。
しかし、しっとりしたクラムにうっすらと酸味があって、複雑な味がする。これはバターと合わせると痛みなんか気にならないぐらい夢中で食える。
さっきまでは「Bのバゲットが圧勝かなー」と思っていたが、勝負は分からなくなってきた。
食べながら、自分の感想をチェックシートに記入していく。
食べながら、自分の感想をチェックシートに記入していく。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓