土曜ワイド工場 2013年3月16日
 

痛くても美味いバゲット調べ

さらに美味しくいただくために

いろいろ出てきた。
いろいろ出てきた。
バゲット自体の味を確認するために「バター無し」と「バター有り」だけでシンプルにもぐもぐかじっていたのだが、5種類が一巡した頃合いで、冷蔵庫から美味そうなモノが次々と出てきた。
これも乗せて食べて良いと言われた瞬間に、参加者の皆さんから「ヴォオ」という聞き慣れないどよめきが起きた。バターだけでも美味しかったんだけど、それでもたぶん、みんな色々と乗せて食べたかったのだ。
ここから先はもう利きバゲットではない。もはや単なるパン祭りである。
パン祭にて大フィーバーの巻。
パン祭にて大フィーバーの巻。
盛り上がりすぎて、聞いてない。
盛り上がりすぎて、聞いてない。
タマゴマヨネーズやクリームチーズ、ハムに野菜、ツナマヨ、タプナード(オリーブとアンチョビのペースト)などを組み合わせて「ぼくのわたしの考えた最強バゲットサンド」を作る遊びが大流行である。
最初にバゲットの味を確認しているので、Cのバゲットの味にはこの具が合うんじゃないか、とか、Eのバゲットはこれとこれを乗せたらより美味くなるはずだ、みたいなマッチングの妙がテーブルのあちこちで生み出されていたのがすごく面白かった。全員、バゲットの達人っぽい。
いいバゲットオブザイヤー。
いいバゲットオブザイヤー。
基本的にまずいという概念が存在しない食べ物。
基本的にまずいという概念が存在しない食べ物。
美味いんですが、トマトが口の中の傷に沁みてます。
美味いんですが、トマトが口の中の傷に沁みてます。

答え合わせもしておく

ろくろを回しているように見えるが、実はバゲットを抱えている図。
ろくろを回しているように見えるが、実はバゲットを抱えている図。
我々参加者がパン祭りで盛り上がっている間にチェックシートが回収され、どのバケットが人気だったかなどの集計が行われていた。
で、まずはA〜Eのバゲットがどのお店のものだったのかの答え発表である。
!
A…渋谷『VIRON』
B…武蔵小山『nemo Bakery&Cafe
C…参宮橋『LA SAISON
D…広尾『SAWAMURA
E…三軒茶屋『LA TERRE
どれもバゲットの名店として知られるお店だそうで、平岩さんから店名が発表されると、「ああ、あそこだったかー」「食べたことあったのに」というような声も聞かれた。
恥ずかしながらバゲットを避けてきた身としてはどのお店も知らなかったのだが、とりあえず今後自分がバゲットが食べたくなったらBとEのお店に買いに行けば満足できると思う。僕が痛くても食べたいのはこの2つだ。

あとは、参加者の好みのバゲットの集計結果もこの場で発表された。
バターなしならこの結果。
バターなしならこの結果。
バターをつけると結果が大きく変わってくる。
バターをつけると結果が大きく変わってくる。
最終的にトータルでこんな感じ。
最終的にトータルでこんな感じ。
バターの有る無しでがらっと評価が変わるのは面白い。
「好きなバゲットを3つ選ぶとすると」という問いに対して、今回の参加者の皆さんは、AのVIRONとDのSAWAMURAに高評価を寄せていた。
これらの結果を合わせて分かることは、やはり皆さん、僕ほど口の中の痛みに弱くない、ということだ。
最後はみんなでバゲットを手に記念撮影。
最後はみんなでバゲットを手に記念撮影。

取材もしました、というアリバイ写真
取材もしました、というアリバイ写真
食べてるばかりでは記事にしにくいな、ということで、ちゃんと平岩さんにお話も聞いていた。
ただ、その話の大半は「パン屋さんに行ってどんなことを喋ったらバゲット通っぽく見えますか?」とか記事にするとびっくりするぐらい頭の悪くみえそうな内容だったので、今回は全面的にカットすることになった。
ちなみにそこに関しては「一次発酵の時間を聞くとプロっぽいよ」「バゲットを引きちぎった時の手応えを、このバゲットは引きが強いね、と表現するとツウな感じ」と良さげな言葉を教えてもらったので、これは個人的にパン屋で使おうと思う。

今回の授業を開催したシブヤ大学では、他にも様々な授業を開催しています。興味のある方はこちらもチェックすることをオススメします。

シブヤ大学

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓