はっけんの水曜日 2013年3月20日
 

女子高生も参戦!橋の模型の甲子園

女子高生が作ったスペインの鉄橋の模型
女子高生が作ったスペインの鉄橋の模型
高校時代、何かに熱中して過ごした人は多いだろう。

野球で甲子園に出場してテレビに映る人もいれば、僕のように弱小軟式テニス部でうだつの上がらない毎日を過ごした人もいる。うだつは上がらずともそれなりに楽しかったけど。

そして、中にはかっこいい橋の模型を作ることに熱中する高校生たちもいた。そんな彼らの作品発表会があると知って、見に行ってきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

高校橋梁模型界の東北一決定戦

高校生たちが作った橋の模型を展示、専門家と一般人の投票で優秀作品を決める「高校生橋梁模型作品発表会」は、今年で11回目になるらしい。

白球を追いかける高校生たちがいるいっぽう、トラス構造の再現に汗を流す高校生たちもいたなんて知らなかった。チェックしててよかった国土交通省のプレスリリース!

会場は仙台駅前のアエルというビル。というわけでさっそく仙台に向かった。
決戦の舞台は杜の都、仙台
決戦の舞台は杜の都、仙台
本当の?甲子園は派手に告知されて羨ましい
本当の?甲子園は派手に告知されて羨ましい
仙台駅名物の広い歩道橋からアエルに入ると、吹き抜けとなっている広場にいろいろな橋の模型が展示してあるのが見えた。おお、こんな目立つ場所が会場だったとは!
東京で言えば丸ビルみたいな一等地である
東京で言えば丸ビルみたいな一等地である
吹き抜けの明るい広場が会場
吹き抜けの明るい広場が会場
この発表会にエントリーしたのは東北6県から総勢20校42作品。事前に専門家による一次審査が行われていて、それを勝ち抜いた12作品が展示されていた。

タイトルに甲子園と書いたけど、東北地方限定なのでイベントの規模的にはクリネックススタジアムが正しいかも。

誰でも自由に見てまわれるだけじゃなく、受付に行くと作品が載ったパンフレットと一緒に投票用の札がもらえる。気に入った作品に投票すると、後で行われる表彰式の結果に反映されるのだ。気が引き締まる。
自分の「推し橋」を決められるのだ
自分の「推し橋」を決められるのだ
では、次ページで展示されていた各作品を紹介しよう。僕は橋についてそれほど詳しくないけど「高校生でこの橋を選ぶか!」と唸らせる作品ばかりで驚かされた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ