はっけんの水曜日 2013年3月27日
 

ガラスの地球でなんでもフリー素材

!
フリー素材の写真でよく見かける地球のオブジェがある。

それは透明なガラスの地球。 素材サイトで「エコ、地球、世界」など検索すると、かなりの確立でそれが写ってる写真が出てくる。手に持ってたり地面に置かれてたりと、バリエーションも豊富だ。

本当に色んな素材サイトにあるから、その地球が写真に入ってるだけでもうなんでもフリー素材に見えるようになってしまった。

しかし逆手に取れば、その地球を写すだけで、なんでもフリー素材に見える写真が撮れそうだ。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。
> 個人サイト こざとへんなところ+++

フリー素材界を牛耳るガラスの地球

たとえば無料の写真素材サイト、足成で「地球」と検索すると こういっった写真がたくさん見つかる。
ザ・テレビジョンのレモン風。
ザ・テレビジョンのレモン風。
地球のことを考えてる風。
地球のことを考えてる風。
意図不明。
意図不明。
また同じく写真素材サイトの.foto projectで女性モデルの「環境保護・エコ」カテゴリーを覗いても、このガラスの地球を持った写真を大量に確認することが出来る。
顔が怖い。
顔が怖い。
両手で持つと「地球を大切」という雰囲気が出る。
両手で持つと「地球を大切」という雰囲気が出る。
「お前にぶつけてやろうか?」
「お前にぶつけてやろうか?」
モデルさんがガラスの地球を持つことで、環境とか世界などのテーマが明白になってる。 これは素材として使いやすい。

またモデルがいなくても、単体でも使えるほど万能だ。
誰がどう見てもエコなイメージ。
誰がどう見てもエコなイメージ。
かと思えば世界を股にかけるイメージにもなる。
かと思えば世界を股にかけるイメージにもなる。
他にも有料写真素材で有名なAfloや amanaimagesでももちろん見かけることが出来る。 それだけアイコンとしての地球は破壊力絶大なのだろう。

2310円の地球

気になるのは、なぜみんなこのガラスの地球儀なのか?だ。

もちろんこれ以外に別の地球儀が使われている写真もなくはない。なくはないのだが、 「どこでも見かける」地球儀はこのガラスの物が圧倒に多い。

いま考えられる理由は「普通の地球儀はでかすぎるから」しか思いつかない。 実際に撮影してみると理解できるかもしれない。
池袋のハンズで購入。2310円でした。
池袋のハンズで購入。2310円でした。
大変ラグジュアリーな箱に収まっている。
大変ラグジュアリーな箱に収まっている。
正式名称は「オプティカルグローブペーパーウエイト」。予想だにしない名前のかっこよさ以上にペーパーウェイトであったことに驚く。

よっぽど重要な書類のときに使うのだろう。勝負下着のようなペーパーウェイトだ。
わぁキレイ。
わぁキレイ。
現物を見るとなんとなく写真に使われる理由が分かる。物として美しいのだ。 これは撮ってしまう。
手に持って撮影してみる。
手に持って撮影してみる。
“自然はボクの大好きな日本語です”
by C.W.ニコル

撮った写真をカメラでプレビューした瞬間、突然小説家でナチュラリストのC.W.ニコル氏の言葉(注1)が頭の中で囁いた。

なんの意識もなく撮った写真なのに、もうエコや自然をイメージした写真になってしまったのか。なんて破壊力だ。地球、とんでもない。

(注1)むかしラジオの合間に流れていたCMでニコル氏が言っていたセリフ。独特のイントネーションがおもしろく、狭い範囲で物まねが一時的に流行した。
これはかなりフリー素材らしく撮れた。
これはかなりフリー素材らしく撮れた。
イメージとしては、サラリーマンが世界を相手にマネーウォーを繰り広げるみたいな感じだ。「ビジネス、ワールドワイド、島耕作」のタグが付くに違いない。
!
これは普通にフリー素材として使えそう、と思ったので大きいサイズの物も用意した。 上のDonload Now!!ボタンからダウンロードしたら、後は煮るなり焼くなり好きに使ってください。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ