ロマンの木曜日 2013年4月4日
 

勝手にうどんコラボレーション

!
日本全国、さまざまなうどんがある。地域地域で麺が変わっていたり、出汁の材料にこだわっていたりと色々あるが、そのそれぞれの長所を組み合わせたら最高のうどんが出来るのではないか。

そう思いついたので、勝手に各地域のうどんをコラボレーションさせてみた。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com

大阪のうどんは出汁すぎる

思いついた原因は今住んでいる大阪のうどんだ。大阪のうどんは非常に出汁に重点が置かれていて、うどん(麺)よりもむしろ出汁がうどんと言っていいくらいの状況なのだ。
うどんイズ出汁の象徴的な店、千とせ。
うどんイズ出汁の象徴的な店、千とせ。
出汁こそうどん、それを分かりやすくあらわしているのがこのお店、千とせだ。土曜祝日になるといつも行列の出来る人気店なのだが、そのお店の人気メニューがこれ。
肉吸い(肉うどんのうどん抜き)630円。ついでに言うと肉うどん(うどん入り)も630円。
肉吸い(肉うどんのうどん抜き)630円。ついでに言うと肉うどん(うどん入り)も630円。
肉うどんのうどん抜き。看板にうどんと掲げているお店で大半の人がうどん抜きのうどんを頼む。
そしてうどんが入っていないとやっぱりちょっと物足りないので大体の人が御飯も一緒に頼む。
そしてうどんが入っていないとやっぱりちょっと物足りないので大体の人が御飯も一緒に頼む。
肉吸いはもともと、二日酔いだった人が麺は重いので抜いて注文した物が人気になったそうだが、二日酔いじゃない人も麺入りに戻るのではなくご飯を追加するという、よくわからない出汁だけの状態への執着。
うどんがない。
うどんがない。

そしてこの出汁がめっぽう美味い。カツオと昆布でしっかり効いている中でちょっとしょっぱめに味付けられていて、それが染みた肉も美味い。ご飯がわしわし進む味でご飯の甘みで出汁がより香る。

これはお出汁にこだわる意味がちょっと分かる。

大阪の出汁で各地のうどんを食べたい

出汁の美味いうどん屋と言う事で道頓堀今井へ。
出汁の美味いうどん屋と言う事で道頓堀今井へ。
肉吸いをご飯で食べるのも大変おいしかったのだが、うどんを入れたい思いにも駆られる。もちろん普通に肉うどんを注文することも出来るのだが、大阪のうどんは出汁なので麺が少し物足りないのだ。
魅惑のおあげさん
魅惑のおあげさん
こちらのうどん屋さんもお出汁が美味い。味はそう濃くないのだが、飲むとじんわりとうまみが染みわたる。バカっぽいけど思ったことを書くと、美味しい味が凄くするのだ。なに味とかじゃなく美味しい味。
麺は柔らかめのふわふわ系。
麺は柔らかめのふわふわ系。
この美味しい味のするお出汁とビシッとコシのあるうどんが合わさったら大変なことになるんじゃないだろうか。そんな思いをかなえる方法があった。
うどんのおみやげ!!
うどんのおみやげ!!
あのお出汁がお家でも楽しめる、だと。
あのお出汁がお家でも楽しめる、だと。
なんと、うどんをそのままおみやげとして持って帰ることが出来る。あのお出汁がお家でも、そしてどんな麺でも味わえるのだ。うほほ、これは楽しみ。色々なうどんを組み合わせて至高のうどんを作ってみたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓