ロマンの木曜日 2013年4月4日
 

勝手にうどんコラボレーション

日本全国のうどんを食べに

京都の中心の駅近くにあってビックリした。
京都の中心の駅近くにあってビックリした。
色々なうどんを集めたいと、京都にあるうどん博物館へやってきた。ここに日本全国のうどんがあるそうだ。
日本のうどん大国っぷりと、四国の香川一強っぷりが凄い。
日本のうどん大国っぷりと、四国の香川一強っぷりが凄い。
中に入ると色んなうどんが展示してあって、その種類に驚く。大阪の出汁に合わせる麺を求めていたが、さらなる出汁と麺の組み合わせもあるのではないか。

うどんとは何か

そして折角なのでうどんも食べていく。その中のオススメと言う麺比べセットと言うのを注文してみた。
麺比べセット1600円。左から群馬県のひもかわうどん、栃木県の耳うどん、宮城県の白石温麺。
麺比べセット1600円。左から群馬県のひもかわうどん、栃木県の耳うどん、宮城県の白石温麺。
京都の一等地だけあって流石にお値段は立派。届いてまず目をひかれる左上の一反もめん状のもの。いったいあれは何なんだ。
うどん…?
うどん…?
幅が10センチ有るというひもかわうどん。はたしてこれはうどんなのか。見た目的にはイカっぽい。
やっぱりイカっぽい。
やっぱりイカっぽい。
恐る恐る食べてみると、プリッとしていて意外と美味い。うど…?ん、んんー、うどんかな。って感じの存在。うどんとは一体何なのか。
耳!耳うどんって言うか、耳。
耳!耳うどんって言うか、耳。
そして真ん中の耳うどん、持ち上げてみると確かに耳。これはもううどんカテゴリに入ってくる必要あるのかと思うくらいに耳。食感もうどんよりも水餃子に似た粘りのある感じだ。

白石温麺は昼過ぎに行ったためか茹で置きでちょっとツライ感じであったが、予想以上のうどんの多様性を見ることが出来た。これらを組み合わせたら楽しそうだ。

一反もめんも合わせてみたい

さて、色んな種類のものをうどんミュージアムで買っては来たものの、一反もめんのようなひもかわうどんや、耳うどんが見当たらなかった。さてどうしようと考えたが、あれ、どうにか作れるんじゃないかなぁ。
幅広く切ればいいんでしょう(ひもかわうどんの人ごめんなさい)。
幅広く切ればいいんでしょう(ひもかわうどんの人ごめんなさい)。
そう思ってうどんを打ってみた。ひもかわうどんは食感としてはしっかりうどんだったので切り方次第でどうにかなりそうな気がしたのだ。
八つ橋に見える。
八つ橋に見える。
と、一応幅広く切ってみたのだが、この状態では上手くいっているのか全然わからない。はたしてこれはうどんなのか。
あっ、ひもかわうどんだ。
あっ、ひもかわうどんだ。
不安に思いながらも茹でてみたら、見覚えのある一反もめんのようになった。やっぱりひもかわうどんはうどんから出来ていたようだ(でもうどんかどうかは判断しかねる)。
耳うどん出来た、のか、どうかちょっとわかりかねる。
耳うどん出来た、のか、どうかちょっとわかりかねる。
じゃあ、と思って調子に乗って耳うどんも作ってみたがこっちも出来ているのか分からない感じだ。謎のうどん勢の結果も過程も惑わす力がもの凄い。
耳だ!(箸の持つ位置がアレなので、箸突っ込んでるみたいに見えて、ギャッてなる)
耳だ!(箸の持つ位置がアレなので、箸突っ込んでるみたいに見えて、ギャッてなる)
こちらも茹でてみると、見覚えのある形となった(人体ではなくうどんミュージアムで)。ほほう、そっけない感じだけど実際はやさしい系のやつらだな、謎のうどん勢。

さぁ、色んなうどんを色々なお出汁で食べてみますよ。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓