コラボ企画 2013年4月15日
 

世界一美味しいココアを飲む方法

最高の一杯(ココア)は滝で生まれる
最高の一杯(ココア)は滝で生まれる
我々は生活の中でストレスを感じることが多い。あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たず、ストレスから逃れることなどできなのである。
そんなストレス社会に「ココア」である。ココアを飲むとホッとする。ストレス社会のオアシスのような存在なのだ。では、ストレスを感じれば感じるほど、よりホッとしてより美味しいココアを飲めたりしないだろうか。ということで、率先してよりストレスを感じてココアを飲んでみようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「肉一枚で酒池肉林「バウンド飯」」
人気記事:「一人で女子とカフェデートしている写真を撮る方法」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

ストレス社会である

現代社会を言い換えれば「ストレス社会」となるのではないだろうか。ストレスを感じずに生活することはできないのだ。常に我々はストレスと戦っている。もはや問題はストレスを感じない生活を送る方法ではなく、ストレスをどう解消するかになってくる。
ストレス社会のイメージ
ストレス社会のイメージ
しかしネガティブなことばかり言っていてはダメだ。このストレスさえも利用することが人生の勝者となるのではないだろうか。ストレスはなにも悪いことだらけではないのだ。サウナ後のビール、砂漠で遭難後の水、のようにストレスを感じてからの方が素晴らしく思えるものもある。

そこでココアである。ココアを飲むのホッとする。つまりストレスを感じてからココアを飲めば、普段よりもホッとして、いつものココアより美味しいココアをいただくことができるのだ。
ストレスにはココアです!
ストレスにはココアです!
という話を当サイトの編集部・安藤さんから聞いた。話を聞いた限りでは「なるほど」と思う。

そこで地主さん、と安藤さんは笑顔で続ける。今からストレスを感じてココアを飲んでください、と。直前の「なるほど」は撤回した。むしろそれはどうだろうと思う。自然に感じるストレスならまだしも、率先してストレスを感じるというのは違う気がする。この状況が早くもストレスだ。

そのMacBook Airを壊しますか、と僕が昨年末に買ったものを壊す提案までしてくる。どうやら彼はココアを過信している。
ココアを過信する安藤さん
ココアを過信する安藤さん

大切な物を預かるストレス

上記のようなやり取りの結果、ストレスを感じてココアを飲むことになった。言われるがままである。まずは大切なものを預かるというストレス。自分のものなら百歩譲って壊れてしまっても仕方が無いが、誰かから預かったものは壊すわけにはいかない。しかも、それが高価なものだとさらにストレス。それを感じる。
高価な腕時計を預かることになりました(箱がデカい!)
高価な腕時計を預かることになりました(箱がデカい!)
預かるのはニフティの営業担当の小幡さんの高級腕時計。心配である。自慢でないが丈夫が売りのGショックを父から誕生日プレゼントでもらい、その日に傷つける特技がある私だ。そんな私が未だかつてない値段の腕時計を借りる。小幡さんは「高いですが、腕時計としては特別高いわけではないです」と言うが、それもまたストレスである。
腕につけると今までにない重みを感じた
腕につけると今までにない重みを感じた
というのも、特別高いわけではない腕時計が、去年の僕の年収のほぼ半分なのだ。その事実に時計とは関係ないストレスを感じる。僕の半年が腕に収まるのだ。そう思うと悲しみと同時に自分の稼ぎに対するストレスを感じた。狙っていないストレスも発生して、ちょっとしたストレスの見本市みたいになっている。
こんな小さな時計が僕の半年か、と思っています
こんな小さな時計が僕の半年か、と思っています
万が一が起きるともちろん弁償できない。となると、この時計の持ち主である小幡さんもストレスを感じる。しかも小幡さんはこの時計を記念に買ったそうだ。値段にプラス記念という弁償では解決しない付加価値が付く。ストレスである。なんなら僕のMacBook Airを壊された方がいい。この腕時計で何台のMacBook Airが買えることか。多く見積もったら10台は買える。
小幡さんもかなりストレスを感じている(常に僕のピッタリ横を歩いていた)
小幡さんもかなりストレスを感じている(常に僕のピッタリ横を歩いていた)

ココアの出番です

想像していたよりストレスがあった。待ち合わせ相手がもう2時間も遅れているようなストレスだ。時計を貸す前まであった小幡さんの笑顔は一切見られない。僕も撮影だから本当は少しふざけりしたい。でも、そんな余裕はない。僕の半年なのだ。種を植えた朝顔が芽を出し、花を咲かせ、枯れる以上の時間が僕の腕に卷かれているのだ。
ココアを飲む
ココアを飲む
小幡さんと僕とでココアを飲んだ。これがココアを過信する安藤さんの狙い通りの効果だった。ホッとするのだ。そして美味しいのだ。張りつめていた緊張に少しだけの緩和が見られる。男ばかりの空間に一人の美女、みたいな生きる希望を感じることができる。もっとも「もう傷ついても仕方ないよね」とはならないけれど、普通にココアを飲んだ時よりその甘さが体にしみた気がした。
ココア後に、壊れても仕方ないですよね、と言ったら、笑顔でダメです、と言われた。でも笑顔が出て現場の空気はよくなった
ココア後に、壊れても仕方ないですよね、と言ったら、笑顔でダメです、と言われた。でも笑顔が出て現場の空気はよくなった

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓