ひらめきの月曜日 2013年4月8日
 

知られざる?UNO公式ルール

この出し方、できません
この出し方、できません
アメリカ生まれのカードゲーム、UNO。改めて紹介するまでもない有名なゲームだ。誰でも遊び方を知ってると言ってもいいだろう。

…そう、かなり多くの人が遊んだことのあるゲームだと思う。しかし、公式のルールで遊んだ経験のある人はどれくらいいるだろうか。

個人的には、ある日改めて説明書を読んでみて驚いた。そういうわけで、公式ルールで遊んでみよう。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

知ってるようで知らないUNO

1971年にアメリカの床屋さんが考案したというUNO。日本でもたくさんの人に楽しまれているゲームだ。
現行版UNO、世代によってデザインは少し違うようだ
現行版UNO、世代によってデザインは少し違うようだ
UNOのやり方なんて知ってて当たり前、という方も多いと思う。今回はまず、下のようなアンケートを作って身近な人に答えてもらった。
読者のみなさんはどうだろうか
読者のみなさんはどうだろうか
記事をお読みの方も、これまでUNOをしてきたときのルールで考えていただけるだろうか。私が調べた結果では、「いいえ」よりも「はい」についた丸の方がずっと多かった。
当サイト編集部員にも調査
当サイト編集部員にも調査
全てに「はい」の人も
全てに「はい」の人も
中には全部「はい」だった人もいた。実は私もそうだ。こういう方も少なくないのではないだろうか。

しかし、公式ルールによるとアンケートの答えは全て「いいえ」 なのである。
見たことありつつ、特に意識しなかった紙
見たことありつつ、特に意識しなかった紙
この記事では、UNOを買うとついてくる取扱説明書に載っているものを公式ルールとする。UNOの箱に入っているピラピラした紙だ。では、ゲームの場面で確認してみよう。

みんなのために働く親

まずは「親」を決める。特に親と呼ばなくても、ジャンケンで決めることが多いと思う。しかし、公式ではそうではない。
カードを一枚ずつめくって決める
カードを一枚ずつめくって決める
今回は編集部古賀さんが親
今回は編集部古賀さんが親
それぞれがカードを一枚引いて、その内容によって決めるのが公式ルール。出た数の一番大きい人が親となる。上の写真ではスキップのカードも出ているが、このとき記号カードはゼロ扱いなので、この場合3を出した古賀さんが親となる。
トランプより枚数が多いから切りづらい
トランプより枚数が多いから切りづらい
配るのも親の仕事
配るのも親の仕事
言葉の響きから、なんとなく嬉しく感じられる「親」。その仕事はカードをよくシャッフルすることと、プレイヤーにカードを配ることと、プレイヤーにカードを配ること。子供は喜んでやるかもしれないが、大人的には少々面倒にも感じられる作業だ。

UNOは早く手札をなくすと勝てるゲーム。ならば少々面倒な作業があっても、最初に手札を出せるなら親もいいではないか。しかし、公式ではそうではない。
親はめくるだけ
親はめくるだけ
ちなみにこれでもOK
ちなみにこれでもOK
自分の手札は出せない。親ができるのは、山札の一番上のカードをめくるだけなのだ。

そして親の左隣から順に「同じ色か数字のカードを出す」という原則に従って手札を出していく。親はいろいろやらされた挙げ句、一周回ってくるまで実質的にはゲームに参加できない。ちょっと悲しいかもしれない。

なお「最初が数字カード以外だと出し直し」 というルールでやっている例はしばしばあるようだが、公式ではワイルドドロー4の場合だけ出し直しで、それ以外は「親がそのカードを出した」という形で始めることになっている。(例:最初がドロー2の場合、親の左隣は2枚引かされる)

さて、最初の場札がめくられて始まった公式ルールでのUNO。ただ、ここまでは手続き上の細かい点だったと思う。実際はジャンケンで親を決めても問題ないだろう。私が「そうだったのか!」と思わされたのはここからだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ