ひらめきの月曜日 2013年4月8日
 

ぬいぐるみに剃りこみを入れる

剃りこみ、入れてみました。
剃りこみ、入れてみました。
剃りこみ、というヘアスタイルがある。

額の両端を派手に上の方まで剃りあげるのだ。

剃りこみによって人はだいたい凄みが増すのだが、ではもとがかわいいものはどうなるのだろうか。

ぬいぐるみで試してみた。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。

前の記事:「無人島で、火を起こす」
人気記事:「タピオカをでかくする」

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

オールド不良スタイル

今ではどうだかわからないが、僕が中学高校の頃は不良がかっこよしとされていた。

不良とはグレることである。その兆候は主に見た目に現れる。

長い学ランを羽織り赤い靴下を履いて頭をキメる。自分が不良であることをわかりやすく世間に知らしめるためだ。
あくまで20年くらい前の話ですから。
あくまで20年くらい前の話ですから。
若かりし日の僕は、不良かっこいいな、と思いつつも親の目とかを気にしてグレられずにいた。気持ちの上では盗んだバイクで走っている想定で、ハンドルをちょっとだけ改造した自転車に乗ってサボらずに学校に行っていた。

そんなある日、上の先輩が剃りこみを入れてきた。

雑誌とかでは見たことあったが、生で見る剃りこみはすごかった。なんだそれは、と。どうしてそこ剃っちゃったんだ、と。先輩は眉毛もほぼ剃ってたのでもうわけがわからなかった。
その頃、僕はスポーツ刈りと呼ばれる準坊主スタイルだった。
その頃、僕はスポーツ刈りと呼ばれる準坊主スタイルだった。
髪型ひとつで、というか剃りこみ二つで、人の印象はこうも変わるものなのか。かっこいい悪いは別として、先輩の剃りこみには周囲を黙らせる説得力があった。

ところで剃りこみとは、もとを正せばリーゼントスタイルへの憧れがあるのではないかと思う。

サイドを整然と流し、前髪を巻き上げながら立ち上げてセクシーにキメるのがリーゼントスタイルなのだが、髪の長さや質、生え際の形などによってそれが決まる人と決まらない人とがいる。これはもう髪質とか生え際の形の問題なので仕方がないことなのだ。そしてたとえ髪質をクリアしても、リーゼントをかっこよくキメるためには髪をかなり伸ばす必要がある。なかなかハードルが高い。
そこで剃りこみである。
そこで剃りこみである。
前述のとおり、リーゼントをキメようとすると、がんばって髪を伸ばして、さらにパーマかけるなりしてきれいに整えなくてはいけない。中学生でグレる人たちはもっと突発的にグレるのだ。髪なぞ伸ばしているヒマはない、いますぐグレたい。

そこで剃りこみが発明されたんじゃないかと僕は踏んでいる。剃りこみならば思い立ったその日に自分を変えることができる。たとえ短髪でも、剃りこみを入れることで50メートル離れてみたらなんかリーゼントっぽい人に見えるのだ。
剃りこみは短髪をかっこよく見せる手段なのであった。
剃りこみは短髪をかっこよく見せる手段なのであった。
今日はこの剃りこみが、どこまで効果のあるスタイルなのか、検証してみたいと思う。

元がかわいいものに剃りこみを入れて、かっこよくなるのかどうか試すのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓