はっけんの水曜日 2013年4月10日
 

飛び出す雑誌を作りたい

広告効果もバツグン!
広告効果もバツグン!
雑誌やチラシなんかが飛び出す絵本の様になっていたら面白い。

しかし仕掛けが難しそうだ。なんとか簡単にできないだろうか。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」
> 個人サイト twitter

時代は3D

いま時代は3Dだ。映画もゲームもカメラもみんな3D流行り。皆飛び出てくるものが大好きな時代なのだ。

と言う訳で今回は、飛び出す絵本をヒントにして身近にある紙媒体をどんどん飛び出させてみようと思う。流行るかもしれない。
これが飛び出す絵本。想像以上に凄い!
これが飛び出す絵本。想像以上に凄い!
図書館で飛び出す絵本を借りてきた。あれ?こんなに凝った作りだったっけ…。もっと簡単だった気がしたけれど、それは文具店で見た飛び出すカードの記憶だったかな。昨今の飛び出す絵本てとてもクオリティが高いんですね。
絵本を借りる前に作っていた飛び出すチラシ
絵本を借りる前に作っていた飛び出すチラシ
前もって作っていた自作の飛び出すチラシがかなり貧相に感じる。 見ての通り、ただカッターで切って折っただけなので仕方ないといえば仕方ない。
いったん畳んでしまうとあまり起き上がらない
いったん畳んでしまうとあまり起き上がらない
言うまでも無いが、こんな作りでは一度畳んでしまうと次に開いた時には起き上がらない。なぜか一部元気に起き上がったものもあったが、時間の問題だ。次に畳んだ時には起き上がる保証はない。
このように元気に起き上がるのもあったが、次は分からない
このように元気に起き上がるのもあったが、次は分からない
そこでヒントを得ようと、図書館で飛び出す絵本を借りてきた訳だ。しかし開いてみるとこのクオリティの差、見てられない。ようやく首がすわった赤ちゃんを背負ってX JAPANのライブに連れて行くくらい残酷な現実だ。私がここから学べることはあるのだろうか。
これだもの。意味が分からない
これだもの。意味が分からない
しかし一点気づいた。絵本をよく見てみると、飛び出すものはどれも本の中心の谷折り部分をまたがるように配置してある。ページを開く時、その谷折りが広がることで畳まれていたものが飛び出す仕組みなのだ。なるほどねー
こうすれば良いかな
こうすれば良いかな

違いはあるものの何とか飛び出た

飛び出す絵本の場合は既に立体のモノがあり、それをうまいこと畳んでいるイメージ。しかし私がやりたいのはただカッターでくり抜いた部分を立ち上げようとしているので同じ様にはできない。それでもなんとかならないかといじっていたら、上の写真のような折り方をすればある程度飛び出る事が分かった。
飛び出た!
飛び出た!
せっかくたくさん顔が並んでいるので頑張る
せっかくたくさん顔が並んでいるので頑張る
ちなみにこちらは女性用ウィッグの広告だ。飛び出す技術でさらに商品をアピールしたい所だが、果たして成功するだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ