フェティッシュの火曜日 2013年4月16日
 

緩衝材で遺跡ジオラマを作ってみた

そして部屋は片付かない

メソポタミアの朝は、早い―(久米明や緒形直人、その他各自お好きなナレーターで再生してください)
メソポタミアの朝は、早い―(久米明や緒形直人、その他各自お好きなナレーターで再生してください)
焼きレンガで作られた、高度な建築物。しかし今はもう廃墟だ。皆どこへ行ってしまったのか―
焼きレンガで作られた、高度な建築物。しかし今はもう廃墟だ。皆どこへ行ってしまったのか―
ときおり、旅の商人が馬を休めるのみである―
ときおり、旅の商人が馬を休めるのみである―
真ん中の塔がバーミヤンの仏像に似ている気がする―
真ん中の塔がバーミヤンの仏像に似ている気がする―
文明が緑を追放し、文明は滅んだのだ―
文明が緑を追放し、文明は滅んだのだ―
しかし朝日だけは、今も昔も変わらないのである―
しかし朝日だけは、今も昔も変わらないのである―
オン・ザ・ベランダ。
オン・ザ・ベランダ。
迫り来る森に埋もれつつある―
迫り来る森に埋もれつつある―
この地に、また人の営みは復活するのであろうか―
この地に、また人の営みは復活するのであろうか―

以上、緩衝材で、長い間の夢であった遺跡の旅を妄想してみた。元の緩衝材の役目をほとんど忘れるくらいには、遊ぶことができたかもしれない。箱庭感覚で作り上げる適当なジオラマ、けっこう面白かった。

しかし箱を記事に再利用してから捨てようと思っていたのに、出来上がったものに変に愛着がわいてしまった。しばらく捨てられない。それに縦にしたりできないしな。平面のまま、どこにどう置こう―

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓