はっけんの水曜日 2013年4月17日
 

シチューかき回しながら市中引き回しのルートをたどる

五街道の起点。日本橋にてシチューかき混ぜ
五街道の起点。日本橋にてシチューかき混ぜ
いまだかつてないほどの出落ちタイトルではないだろうか。

ふつうなら「『市中引き回しのうえ打ち首獄門』と『シチューかき回しながら打ち首獄門』ってにてるよね」「アハハ、超うけるー」でおわるダジャレである。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「山登りに適したアルバイトの制服はどれか?」
人気記事:「年賀状をくれたゆるキャラに謝罪しにいく」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

「市中引き回しのうえ打首獄門」とは?

江戸時代、死罪を言い渡された罪人は見せしめのため、処刑される前に馬に乗せられ、住所氏名、年齢、出身地、罪状と刑罰の種類をかいた幟や捨て札と共に、江戸の街中を行進させられることがあった。

それが、時代劇とかでよく聞く「市中引き回し」というやつだ。
市中引き回しのようす(「拷問刑罰史」名和弓雄/雄山閣/平成24年/P156)
市中引き回しのようす(「拷問刑罰史」名和弓雄/雄山閣/平成24年/P156)
以前、タモリ倶楽部で市中引き回しルートをたどる企画をやっていたらしく、ネットを検索すると、市中引き回しの行程を現代の地図に落としこんだものがいくつか見つかる。

意外と楽しそうな市中引き回し

市中引き回しのルートは「五箇所引き回し」と「江戸市中引き回し」の二種類あり、伝馬町の牢獄から江戸城のまわりをぐるりと一回りし、伝馬町に戻ってくるのが「江戸市中引き回し」だ。

より大きな地図で 市中引き回しルート図 を表示
ルート図の色が途中で変わっている理由は後述します
このルートをみてみると、伝馬町からスタートした罪人一行は、日本橋、銀座、麻布、四谷、神楽坂、上野、浅草、蔵前を経て伝馬町に戻ってくる。

地名だけみると、はとバスの「江戸情緒を楽しむ一日」みたいなルート構成である。

引き回された後に斬首刑が控えてなければ、市中引き回は意外と楽しい観光ルートではないだろうか。

これはぜひたどってみたい、実際にシチューかき混ぜながら。

言い出しっぺの人と一緒にいく

全行程で約28キロほどある市中引き回しのルート。歩いてたどるのがいいのだろうけれど、時間がかかりそうなので、今回は電動自転車でめぐることにした。
八重洲駅前でレンタサイクルを借りた
八重洲駅前でレンタサイクルを借りた
ちなみに「市中引き回しをシチューかき回しながらたどる」というのはぼくの考えたダジャレではない。当サイトのウェブマスターの林さんが思いついたダジャレである。
ちなみに「市中引き回しをシチューかき回しながらたどる」というのはぼくの考えたダジャレではない。当サイトのウェブマスターの林さんが思いついたダジャレである。
ほぼ生まれて初めての電動自転車
ほぼ生まれて初めての電動自転車
ほぼ、生まれて初めて電動アシスト自転車に乗る林さんは「勝手に前に進む!」という感想が初々しくていい。

小伝馬町に向かう

人混みの中をスイスイとかきわけ、中央区の小伝馬町にある十思公園に到着。
伝馬町牢屋敷あとの看板
伝馬町牢屋敷あとの看板
この十思公園と隣の旧小学校の区の施設、そして公園向かいにある大安楽寺が牢屋敷跡だ。
吉田松陰や橋本左内など、安政の大獄で捕らえられた政治犯も、ここに収容されたらしい。
タバコを吸いに来ているサラリーマンが多い
タバコを吸いに来ているサラリーマンが多い
そんな牢屋敷も、今はタバコを吸いに来ているサラリーマンがたむろする平和な公園だ。

より大きな地図で 市中引き回しルート図 を表示
牢屋敷北側の水路は、現在埋め立てられてしまっている
牢屋敷北側の水路は、現在埋め立てられてしまっている
幕末の地図を確認するとたしかに「小テンマ丁」の上に「ラウヤ」の文字がある。牢屋敷のことだろう。
大安楽寺
大安楽寺
明治になって、牢屋敷が市ヶ谷に移ったあと、元牢屋敷だったこの場所には誰も住もうとはしなかった。
そこで、大倉喜八郎(帝国ホテルの創業者)と安田善次郎(安田財閥、オノ・ヨーコの曽祖父)が寄進して建てたのが十思公園の横にある大安楽寺だ。
大安楽寺というのは大倉の大、安田の安をとって名付けられたともいわれている。

いよいよ、シチューかき混ぜませます

ではさっそく、シチューをかき混ぜておきたい。
きのう、家で作ってきたホワイトシチュー
きのう、家で作ってきたホワイトシチュー
親戚の結婚式の引出物で貰ったホーローの鍋。柄がちょっと野暮ったくて使ってなかったのだけど、まさかこんな局面で役に立つとは思わなかった。シチューをかき混ぜておきたい。
祈るようにシチューをかき混ぜる
祈るようにシチューをかき混ぜる
ピンときた方も多いと思うが、今回のこの記事、ずっとこんな感じである。

引き回しルートは町民がたくさん住んでいた場所をまわる

伝馬町の牢屋敷を出発したあと、罪人たちは日本橋方面へむかうが、ルートは細かく何回も曲りくねりながらすすむ。

より大きな地図で 市中引き回しルート図 を表示
おそらく、見せしめという意味で、当時町人の多く住んでいたあたりを練り歩いたのだろう。
当時の下町は今ではオフィス街だ
当時の下町は今ではオフィス街だ
ビル街をくねくねと曲がりくねりながら日本橋に到着。もちろんここでもシチューをかき回す。
記念撮影の順番待ち
記念撮影の順番待ち
さすが五街道の起点、日本橋である。平日の昼間であっても観光客が絶えない。

観光客が多いなか、シチューの鍋を自転車のカゴから取り出すのにじゃっかんの迷いが生じたのは白状しておきたい。

シチューをかき回しながら町をあるくと、市中引き回しをされる罪人の気持ちの数%ぐらいはわかるかもしれない。
東京都章を抱えたかっこいい守護神とシチューかき回し
東京都章を抱えたかっこいい守護神とシチューかき回し
しかし、日本橋はおもしろい。

日本橋は、南にまっすぐ進むと東海道でその先には京都がある。しかし、逆に北に進み、中山道をそのままっすぐ進んでも行き先は京都なのだ。

南北どっちに進んでも京都につながっている不思議な橋、日本橋。

シチューをかき回す写真だけだとつまらないので、こういうトリビアを入れていかないと間が持たないのである。

ところで、市中引き回しのルートは、せっかく五街道の起点、日本橋にきたにもかかわらず、このまま東海道を南下するのではなく、茅場町や八丁堀の方へ入り込んでしまう。

より大きな地図で 市中引き回しルート図 を表示
江戸の町の警察業務を分掌していた与力や同心が、たくさん住んでいたといわれる八丁堀をわざわざ回るというのも何らかの意味があったのかもしれない。
八丁堀から京橋へ、ピーポくんの横でシチューかき回し
八丁堀から京橋へ、ピーポくんの横でシチューかき回し

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓