ひらめきの月曜日 2013年4月22日
 

むしろ、池袋に遊びに行こう

!
東急東横線と東京メトロ副都心線の直通運転になって、埼玉県民が横浜に遊びに行きやすくなった! 
「埼玉県民よ、横浜へ遊びに行こう!」と誘うメディアが多い。
いや、ちょっと待って。
横浜に行きやすくなったということは、逆に、横浜方面から、埼玉方面へも、行きやすくなったということ。
神奈川のみなさん、まずとりあえず、魅惑の池袋で遊んでみない!?

そんなわけで、埼玉在住歴27年、東京転居後も池袋に遊びに行く私が、2日間歩き回って、お勧めすべき場所を選びました。
むしろ、今は、池袋でしょ!
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:「傷心旅行、伊東の味噌汁専門店へ」
人気記事:「無個性で、町をおこすぜ、桃色ウサヒ」

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

まずは鉄板から。サンシャインシティ!

池袋のランドマーク、サンシャインシティの「サンシャイン水族館」と「プラネタリウム満天」は鉄板です。まずはどちらかに行っておきましょう。
サンシャインでは、ふるさと物産展などのイベントも多数行われているので、事前にサイトでチェックすべし。噴水広場ではしょっちゅう、アイドルが宣伝のためのミニライブをしています。
サンシャインにはユニクロもありますが、「ALTA」というファッション専門店街もあって、若い女の子向けの店舗が多いのですが、安くて刺激的な変てこりんなモノも売ってるので、見るだけで楽しいかも。

池袋といえば!な場所

次に鉄板と言えるのは、池袋中華街。「陽光城」という24時間営業の食材店や、四川料理専門店「地音食堂」、焼き小龍包専門見店「永祥生煎館」が人気で す。「中国茶館 」という店も有名で、よしながふみさんの漫画『愛がなくても喰ってゆけます。』にも登場します。ドラマ『孤独のグルメ』に出てくる「中国家庭料理 楊 2号店」は、汁なし担々麺が美味しいです。池袋チャイナタウンは、店々が一点集中していないし、中華街のように派手に観光地化されていないので、探して そっと入店する感じになりますが、そこがまたイイのです。

かなり時間がつぶれます

本好きのみなさんが行くべきところは、「池袋ジュンク堂書店本店」です。ここは日本一、売り場面積の広い書店さんらしいです。棚の作り方も本当に丁寧で、 こまやかに選ばれた魅力的な本が、ずらーっと並んでいます。とくに買うつもりがなく入っても、何かしら買ってしまうことでしょう。私は、いつもそう。

デパオクの超有名店

西武池袋店の屋上に、「かるかや」といううどん屋があります。人気マンガ『孤独のグルメ』にも登場しているのですが、とにかく、安くて美味しい。評判が評判を呼び、お昼時には行列になってしまっているので、少し時間をずらして行くのがよいでしょう。
独特の歯ごたえがします。
独特の歯ごたえがします。

ピンク街をかきわけて観る良い映画

映画を見るなら「新文芸座」。オールナイト上映やトークショーもあったりするので、サイトをチェックして行くべし。たっぷり映画が楽しめます。映画帰りに は、並びにある激安酒店「やまや」で、お酒買ったり輸入食品買ったりしても、楽しいかも。ちなみにやまやの入ってるビルには、ドラマ『池袋ウエストゲート パーク』にの舞台になったボウリング場もありますよ。

甘さは強めです

!
東口真ん前にある「洋菓子タカセ」もおすすめです。大正9年創業の古い店なのですが、尾崎豊さんがこの店のシュークリームを好きだった、ということでも有 名です。ここの9階「コーヒーラウンジ 」に行くと、池袋駅周辺が一望出来ます、いい眺めです。コーヒーは500円くらい。もうちょっと気軽に楽しみたい方は、タカセ本店の裏手にある、「コー ヒーサロン・タカセ 」に行くと、リーズナブルにコーヒーが頂けます。私はこちらのほうのヘビーユーザーです。
サバラン。洋酒がじゃぼじゃぼ入っているので、お酒に弱い人は酔うかも。
サバラン。洋酒がじゃぼじゃぼ入っているので、お酒に弱い人は酔うかも。
……と、大筋は押さえたところで、あとは個人的なレコメンドをしますぜ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓