フェティッシュの火曜日 2013年4月23日
 

東京湾アクアラインの海底トンネルで滑り台を滑る

緊急避難路は道路の下

まるで秘密の地下研究所のような雰囲気の通路を歩いていると、上部から「ガコン、ガコン」という鈍い音が聞こえてくる。車が橋の境などを通った時に鳴る、あの音だ。

そう、この緊急避難路は海底トンネルの道路下に存在するのである。
この通路の上を車が走っている
この通路の上を車が走っている
なるほど、図を見れば一目瞭然だ
なるほど、図を見れば一目瞭然だ
アクアラインの海底トンネルは、シールドで掘削されたチューブ状のトンネルである。その断面は円形であり、つまりは道路が敷かれているその下にも空間が存在する。アクアラインでは、そこが緊急避難路として利用されているのだ。

また緊急避難路内では常に風の流れを感じるのだが、これは人工的に空気を送り込んで気圧を高めている為である。たとえトンネル内で煙が発生したとしても、気圧差によって緊急避難路には煙が流れてこない仕組みなのだ。まさに安全地帯というワケですな。
高速道路でよく見かける非常電話も完備
高速道路でよく見かける非常電話も完備
へー、内部はこうなっているのか
へー、内部はこうなっているのか
この非常電話は受話器を持ち上げるだけで繋がるそうだが、日本語を話す事ができない人などの為に、「故障」「事故」「救急」「火災」といった状況を伝える為のボタンも備わっている。

いろいろ考えられているものなのだなぁ、とつくづく感心するばかりである。
給水設備の配管やバルブがカッコ良い
給水設備の配管やバルブがカッコ良い
いやぁ、ほれぼれしますな
いやぁ、ほれぼれしますな
とまぁ、海底トンネルにはこのような避難設備が存在する事がお分かり頂けたと思う。では、もしトンネル内で事故が発生した場合、どのようにしてこの通路まで逃げるのか。

その答えこそが、ズバリ、滑り台なのである。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓