ひらめきの月曜日 2013年4月22日
 

水のおかわりが8種類あるカフェ

アートだけでは終わらない
アートだけでは終わらない
北アルプスの清流が流れる自然豊かな土地、長野県の安曇野。地名の響きだけで美しい景色や澄んだ空気が思い起こされてくる。

美術館やおしゃれなレストランも多々あり、別荘地としてもよく知られているだろう。今回はそんな中から見つけた、個性的なカフェを紹介したいと思う。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「知られざる?UNO公式ルール」
人気記事:「おっさんが実践する「かわいくなるずるい方法」」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

芸術が爆発しそう

やってきたのは安曇野市にある、JR大糸線の穂高駅。神社のようにも見える駅舎が美しい。
屋根の角度と壁の木目がかっこいい
屋根の角度と壁の木目がかっこいい
駅前には観光情報センターがある。まずはそこで周辺の情報を仕入れることにしよう。
おもしろそうなカフェを発見
おもしろそうなカフェを発見
気になったのは「スプーンアート」という名前のカフェのチラシ。その名の通り、スプーンを材料にしたアート作品がたくさんある店とのこと。チラシ写真のニンジンを抱いたウサギは、よく見ると確かにスプーンでできているではないか。

これは楽しそう。駅からもすぐそこなので行ってみよう。
明るい雰囲気の店内
明るい雰囲気の店内
スプーンなどを使った作品が並ぶ
スプーンなどを使った作品が並ぶ
すぐに見つけて店内に入ってみる。大きな窓から射した光が黄色い壁を照らし、それだけでもう楽しい雰囲気が漂う。棚にはスプーンを素材とした作品がさまざまに並ぶ。
独特の曲線が光るスプーンアート
独特の曲線が光るスプーンアート
スプーンが考えたこともない使われ方をしていて、言われなければそうとは気づけないかもしれない。写真の白鳥、首部分の連なり方が特徴的だ。
かわいい動物モチーフの作品たち
かわいい動物モチーフの作品たち
シンプルながら楽しいおたまじゃくし
シンプルながら楽しいおたまじゃくし
素材を生かした果物や野菜
素材を生かした果物や野菜
男の子が目を輝かせそうなロボットも
男の子が目を輝かせそうなロボットも
作品のモチーフは多岐にわたっていて、眺めているだけで感心させられる。匙の丸さがいろいろな使われ方をしていて、特にブドウは金属の質感と果物というモチーフの組み合わせが意外。
作者の経歴もわかる
作者の経歴もわかる
ご主人はいくつもの芸術賞で選に入っているようだ。確かにこんな発想の作品はこれまで見たことがない。

しかしこの店は単なるギャラリーではなく、あくまでカフェ。改めて席につくと、そのご主人が水を持ってきてくれた。
遊び心のあるトレー
遊び心のあるトレー
水のコップが乗ってきたおぼんがまた面白い。スプーンがたくさんくっついているのに加え、上にはハンドルまで付いている。黒い部分をひねるとウーウーとサイレンが鳴り響くようになっていて、私たちを楽しませてくれた。

そして「こちらがメニューです」と手渡されたものを開いてみよう。
メニューも斬新
メニューも斬新
それは雨傘。開くと中にドリンクや軽食が書かれているのがわかる。うん、これもアーティスティックな感じ、するかもしれない。
考え込んでしまうメニューばかり
考え込んでしまうメニューばかり
逆に最後の一行が気になる
逆に最後の一行が気になる
中にある品々も、やっぱり一ひねり加えてある。「グルグルゼリー」や「キーマカレー一番しぼり」など、想像力を刺激される名前がずらっと並ぶ。

それだけに、軽食ゾーンの最後にある「焼ソバ」が異彩を放つ。なんでこれだけ普通なんだろう。凝ったメニューを考え過ぎて疲れてしまったのだろうか。

そしてこの店、珍しいことにカフェにも関わらず食べ放題メニューまで備えている。
そろそろいいだろう
そろそろいいだろう
ここまでぼかしてきたものが隠しきれなくなってきた。食べ放題・飲み放題とされているものを見ればわかる。明らかにふざけてる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓