フェティッシュの火曜日 2013年4月23日
 

筆の毛、何の毛

筆、毛だらけ。
筆、毛だらけ。
いちおう「文房具ライター」という肩書きも持ってるので、オススメのボールペンとか最新の消しゴムについて語れと言われれば3時間ぐらいならしゃべり続けられる。
しかし、新しめではない…逆に筆記用具の元祖とも言うべき筆の事なんかは全く分からないなーということにフと気付いてしまった。「筆の毛って何の毛なのか」とか、そんなことも知らないのだ。
これではいけない。いつ何時、筆について語れと言われるか分からないし。せめて「何の毛か」とかそれぐらいは知っておこう。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「煮ヌードル最強は何か」
人気記事:「フクロウカフェがかなり来てる」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

持ってますか、筆

自分がどれぐらい筆のことを知らないか…というかそれ以前に筆そのものを持ってなかったかもしれない。まずは自分の文房具棚を漁ってみた。
あ、いちおうあったけど…筆かなー。
あ、いちおうあったけど…筆かなー。
PopCorn ゆび筆という商品。
PopCorn ゆび筆という商品。
何年か前に発売された、指に装着して使うタイプの筆が出てきた。
いや、これも立派な筆なんだろうけど、なんかこれを前提に筆を語るのも間違っているような気がする。
こんな感じで書く。
こんな感じで書く。
これをやるために5本買ってた。
これをやるために5本買ってた。

案の定というか、やっぱりこのままでは筆に関して語るのは無理そうだ。
幸い、友人関係で筆に詳しい人がいるので、その人にざっくりした所を教えてもらえばいいや。

書道やってた人がいた

文房具関係の友人、木木屋さんはなんと新潟大学の書道科を出た、書道エリートの人だ。
木木屋さん。抱えているのは愛用の大字書(巨大な紙に書くやつ)筆。
木木屋さん。抱えているのは愛用の大字書(巨大な紙に書くやつ)筆。
…というのを知ったのは最近のことで、この方は現在では消しゴムハンコのアーティストとして業界ではかなり知られた人なのである。

「木木屋さん、字うまいっすねー」「あー、うん、大学が書道科だったから」
たまたまそんな会話をしたからこそ分かったことなのだが、元より世の大学にそんな学科があること自体知らなかったぐらいだ。

以来、当サイトでも記事にした『消しゴム香道』の時も、ホワイトボードにマーカーで題字を書いてもらうなど、いろいろとスキルを乱用した無茶をお願いしている。
香り付き消しゴムをクンクンするだけの企画だった。
香り付き消しゴムをクンクンするだけの企画だった。
木木屋さんにかかればマーカーでもこの格好良さだ。
木木屋さんにかかればマーカーでもこの格好良さだ。
木木屋さんに「筆の基本を教えてください」とお願いしたところ、じゃあ筆を何本か持って遊びに行くよー、と気軽なお返事をいただいた。ありがたい。
墨とかいろいろ持ってきてくれた。
墨とかいろいろ持ってきてくれた。
まず気になってた筆の毛のことを聞いてみた。
「いちばんベーシックなのは、鼬毛筆(イタチ)と羊毛筆(いわゆる羊ではなくヤギ)とかなー。あと、馬とか豚とか鹿とか。もちろんミックスもあります」
白いのは羊毛筆で、茶色いのが鼬毛筆。
白いのは羊毛筆で、茶色いのが鼬毛筆。
「毛の硬さとかコシとか細さとか色々とあるんだけど…例えば羊は柔らかいし、イタチは弾力ですね」

なるほど、じゃあひらがなとか柔らかい感じの字は羊で、かっちりした漢字なんかはイタチを使うとか、そういう使い分けをするのか。
「というか、書きたい字の雰囲気とか、表現したい内容にあわせて使い分けたらいいんですよー」

言うなり、さっと墨をすって書いてみせてくれた。
こちらはイタチ毛の筆。
こちらはイタチ毛の筆。
書き殴り「バカヤロー」書道。
書き殴り「バカヤロー」書道。
なめらかな羊毛筆。
なめらかな羊毛筆。
すらすら「すらすらすら」と書く。
すらすら「すらすらすら」と書く。
確かに羊毛イタチ毛とそれぞれ筆の性能が明らかに違うので、おのずとそれに合わせた字になってしまう。
イタチ毛では硬すぎて「すらすらすら」と書いてもなめらかに字が続かないし、逆に羊毛で「バカヤロー」と書いたら笑いながら怒るコントをやってる竹中直人のような字になるはずだ。

筆で書くの、面白い

この辺りで筆書きの文字が面白くなってしまい、筆の説明を差し置いて色んな文字を書いてもらう遊びに切り替えてしまった。
僕の中で「筆書きに似合いそうな文字」として選んだお題。
僕の中で「筆書きに似合いそうな文字」として選んだお題。
特に脈絡無く『亀甲縛り』と書いてください、とお願いしたら出てきた二つ。左は壇蜜のイメージ。右は半紙いっぱいを使ってギチギチに縛られてる感を出してみました、とのこと。あ、これ壇蜜だ。壇蜜感が出てる。書道、いろいろすごい。
置き手紙に挿し絵を入れてもいい。
置き手紙に挿し絵を入れてもいい。
ちょうど目の前にDVDがあったので、勝手に題字を作ってもらった。トムがジェリーに襲いかかる直前のイメージ。
ちょうど目の前にDVDがあったので、勝手に題字を作ってもらった。トムがジェリーに襲いかかる直前のイメージ。
おやつが美味しかったので、それを称える書を。「もち」のもち感がすごい。
おやつが美味しかったので、それを称える書を。「もち」のもち感がすごい。
友人だからといって、こんなすごい技術で贅沢に遊ばせてもらっていいのか、という感じだ。申し訳ない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓