はっけんの水曜日 2013年4月24日
 

高速塗り絵マシーン作ったら小麦粉を吹き飛ばしてた

!
絵を描くとき、広範囲に色を塗るために高速で鉛筆を動すのが疲れる。

言葉だとちょっと説明しにくいが、たとえば塗り絵で広い面を一色で塗ろうとしたら、手をワイパーのように高速で動かして塗りつぶすだろう。

小さい範囲ならまだよくても、これが広い範囲で濃く描かなければいけない場合すごく疲れる。それにここにかかる時間をなくせば、もっと細部の描き込みとか出来て絵もうまくなるはず。機械に任せられる単純作業は機械に任せるべきである。



そんなわけで 手の代わりに高速で色を塗ってくれるマシンを生み出してしまいました。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。

前の記事:「かなまら祭りでアレ以外に注目する」
人気記事:「ビッグサイトはどでかいパンティーだった」

> 個人サイト こざとへんなところ+++

ワイパーかと突っ込まざるをえない

個人的に2年ほど前からデッサン教室に通っていて、 元々ドへたくそだったのが最近ようやくへたくそレベルになってきた。

そしてデッサンをやってみて気づいたことがある。これ、腕がかなり疲れる作業なのだ。
たとえばこの範囲を黒く塗ろうとする。
たとえばこの範囲を黒く塗ろうとする。
高速で鉛筆を動かす!
高速で鉛筆を動かす!
もっと高速で鉛筆を動かすッ!
もっと高速で鉛筆を動かすッ!
腕が疲れる。
腕が疲れる。
実際には画用紙並に広い範囲を真っ黒になるまで塗ることも多い。

そうなるともう描くとかじゃなくて、人間ワイパー状態になってるだけだったりする。 これはなんとかしないといけない事態だ。

なんとかしました

その後いろいろがんばって、高速塗りマシーンを完成させた。 まずは手描きとの比較動画を見てほしい。
手描きだと20〜60秒かかったのが、鉛筆描きマシーン(名称が安定してません)だとどれも10秒代で済んだ。しかもまったく手が疲れてない。スゴイ!

一部「塗れてないだろ」と言いたくなるところはあるかと思いますが気にしないでください。 目の錯覚です。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓